Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エリザベス女王杯の回顧】

世代対決としても注目を集めたエリザベス女王杯。1番人気の支持を集めたのは一昨年のオークスと秋華賞を勝った5歳馬のカワカミプリンセスでした。2年前のエリザベス女王杯では、先頭でゴールしながらも最後の直線で他の馬の進路を妨害したとして降着になってしまった馬。今回はリベンジの一戦でもあり、久々の勝利を期待された一戦でした。

一方、3歳馬のリトルアマポーラ。春のクラシックである桜花賞とオークスでは、2番人気、1番人気の支持を集めながら敗退。ぶっつけで挑んだ秋華賞は6着惨敗。クラシック有力候補の評価は地に落ちてしまいました。今回のエリザベス女王杯は復活を期して挑んだ重要な一戦。陣営が新しいパートナーとして選んだのは、フランス人のクリストフ・ルメールでした。

過去のVTRを見て研究していたというルメール騎手は、始めから相手はカワカミプリンセスと決めて乗っていたと思います。レースはポルトフィーノに騎乗した武豊騎手が落馬してしまうという波乱のスタート。15番カワカミプリンセスより1つ外枠16番からスタートしたリトルアマポーラは、1コーナーまでの間に外から馬体を寄せてカワカミプリンセスを内に閉じ込めています。おそらく、“4コーナーを回るときに、カワカミプリンセスよりも前の位置に付けていれば絶対に差し切られない”という確信がルメール騎手の中にあったのだと思います。3,4コーナーでもカワカミプリンセスと一定の間隔を保ち、絶対に前へ行かせようとしませんでした。直線で持ち前の瞬発力を発揮したリトルアマポーラは、そのままカワカミプリンセスを振り切って先頭ゴール。

勝ったリトルアマポーラは、上がり3ハロンのタイムでも、きっちり0秒1だけカワカミプリンセスを上回っています。ルメール騎手の鮮やかな騎乗でした。また、馬体面でも春から大きく成長した姿を見せていて、休み明け2戦目の状態の良さも特筆すべきでしょう。

2着カワカミプリンセスは悔しい敗戦。最後の直線でも全くバテていないだけに、もう少し積極的な競馬を見せていれば、結果は違っていたかもしれません。3歳の時と比べると、勢いはなくなっていますが、ここに来てグッと安定感が出てきました。もし有馬記念に出走するようなら、もう一度横山典騎手でリベンジしてほしいと思います。

3着ベッラレイア。中団追走から4コーナーではカワカミプリンセスをマークする形になりましたが、追撃及ばず。前に付けた馬が有利な展開になってしまったとはいえ、上位2頭とは力の差が大きかったような気がします。

4着マイネレーツェル。前走の秋華賞では中団の位置取りで全く良いところなく敗退してしまいましたが、今回は1,2着馬とほとんど同じ位置を気分良く追走しているように見えました。上位3頭とは決定的な差がついていますが、この馬にとっては健闘と言えるでしょう。

春の牝馬クラシック組では、レジネッタが12着、エフティマイアが13着、と惨敗。レジネッタの場合は秋4戦目で少し状態が落ちていたように思います。エフティマイアは、いつもより後ろの位置取り。全く良いところなく敗れてしまいました。

エリザベス女王杯(G1・定量・京都・芝2200m)
1着-(16)リトルアマポーラ(ルメール) 4人気
2着◎(15)カワカミプリンセス(横山典) 1人気
3着○ (13)ベッラレイア(秋山) 2人気

 単勝 16 1320円
 馬複 15-16 1010円
 馬単 16-15 3450円

2.12.1
ラップ 12.5 - 10.7 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 11.5 - 12.0 - 11.7
(59.3-12.4-60.4)



☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

G1を勝つには・・・

G1ではなかなか勝ち切れない横山典騎手。今回は1番人気のカワカミプリンセスに騎乗して、堂々と正攻法の競馬を見せてくれたと思います。ただ、厳しく言えば、「無難すぎた」とも言えます。数多く勝っている騎手ほど、安全で非の打ち所のない競馬をする傾向にあるのかもしれません。でも、G1を勝つには、常識を打ち破るような大胆な騎乗が求められる場合もあります。負けたときには大きな批判を浴びるような、冒険ができるかどうか。大レースに勝つ騎手にはそういう資質が求められるような気がします。数を勝って、なおかつ大レースでも勝てるというのが一番難しいことなのでしょう。横山典騎手が中央のG1で勝つ姿を早く見たいと願っています。

エリザベス女王杯(G1・定量・京都・芝2200m)
1着-(16)リトルアマポーラ(ルメール) 4人気
2着◎(15)カワカミプリンセス(横山典) 1人気
3着○ (13)ベッラレイア(秋山) 2人気

【エリザベス女王杯の予想】

エリザベス女王杯は、秋の女王決定戦であるとともに、3歳牝馬が初めて古馬牝馬と対戦する舞台でもあります。過去10年では、3歳馬が4勝、古馬が6勝という成績。今年は出走馬18頭中、半数の9頭が3歳馬。しかも、ウオッカ、ダイワスカーレットの最強2頭が不在ということで、3歳馬にも“チャンスあり”のメンバー構成となっています。ただ、今年の3歳牝馬クラシックは、レースのたびに勝ち馬が変わる混戦。世代間のレベルで言えば、ハイレベルな世代とは考えにくい面があると思っています。

本命は5歳馬のカワカミプリンセスにしました。3歳時にはオークス、秋華賞とG1を2勝した実績馬。古馬になってからは未勝利ですが、骨折や脚部難などでわずか4戦しか走っていません。まだ力が衰えたわけではないと思います。前走の府中牝馬Sは、中盤が緩んで直線だけの瞬発力勝負。2番手を追走し、早めに抜け出して2着に残っています。短距離適性(スピード能力)の違いでブルーメンブラットに差されてしまっただけで、距離が伸びてスタミナが必要になる今回のようなレースなら力の違いで押し切ってくれるでしょう。

ベッラレイアは、最強4歳世代の1頭。3歳の時にフローラSを勝って以来、重賞勝利なし。強力な末脚を持ちながら、上手く爆発させることができていないという印象です。京都の外回りコースなら上手く末脚がはまれば抜け出せるような気がします。

アスクデピュティは、G1どころか重賞初出走の馬。末脚は良いものを持っているので可能性は秘めているでしょう。3歳馬ではエフティマイアムードインディゴの2頭に注目しています。

牝馬3冠未出走のポルトフィーノは、マイル前後ではかなり強そう。今回は距離が伸びてどうなるか。あとはビエンナーレトウカイルナにも注目。

エリザベス女王杯(G1・定量・京都・芝2200m)の予想
◎カワカミプリンセス
○ベッラレイア
▲アスクデピュティ
△エフティマイア
△ムードインディゴ




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。