Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ジャパンカップの回顧】日本競馬の真髄

暮れに行われる有馬記念にはグランプリの華やかさがあります。一年の最後を締めくくるお祭りの雰囲気というイメージで、それはそれで面白いのですが、個人的には秋の東京最終日に行われるジャパンカップが“日本競馬の最高峰”という思いが年々高まってきています。東京の芝2400mで行われるガチンコ勝負には一切の紛れがなく、力と力の勝負が展開されます。真の実力勝負という意味で最も見応えのあるG1レースだと思います。特に今年は、この後の有力馬の動向を考えると、メンバー的に一番レベルの高いレースになりそうです。

今年のジャパンカップは、9番人気のスクリーンヒーローが先頭でゴールを駆け抜けました。豪華メンバーが集まったレースで人気薄の馬が大激走。このような大波乱が起こった時に、その理由をどのように結論付けるかという問題があります。展開が特殊だったとか、メンバー全体のレベルが高くなかったとか、人気馬に不利があったとか、もっともらしい言い訳を探したくなります。しかし、今回のジャパンカップ。これは、おそらく実力どおりの決着だったと思います。まだ今後の活躍ぶりを見守る必要はありますが、レースが終わった瞬間、これは本物だろうという直感はありました。紛れなしの東京芝2400mで新たなスターが誕生したことを素直に喜びたいと思います。

2着ディープスカイ。前半1000mが61秒8のスローペース。もちろん四位騎手は、ペースが遅いことを分かっていたでしょう。しかし、前走天皇賞で負けていることもあって今回はあえて脚をためる作戦だったと思います。各馬に余力があるスローペースを大外から差し切るのは困難ですが、四位騎手はゴール前できっちり差し切れると確信していたはず。勝ったスクリーンヒーローが予想以上に抵抗したと見るべきでしょう。最後は勝った馬と同じ脚色。スローペースが敗因ではなかったと思います。エルコンドルパサー、ジャングルポケットに続く3歳ジャパンカップ制覇が期待されていましたが、現時点では力が及びませんでした。

3着ウオッカ。やはり距離の壁が大きかったと思います。道中で行きたがる仕草を見せるのはいつものことですが、距離が長い分だけ、ごまかしきれなかったと思います。道中でスタミナをロスしてしまったこと、直線の瞬発力勝負になってしまったことで、最後の直線はいつもの伸びがありませんでした。それでも直線で一瞬沈みかけたところから盛り返しているように、底力と根性は古馬トップクラスであることを改めて証明しました。今回の結果を含めて、2000m以上が[2-0-2-4]、2000m未満が[5-4-0-1]という成績が示すとおりの距離適性だと思います。

4着マツリダゴッホ。好位につけて、直線早めに抜け出す競馬を見せましたが、最後は他の馬に差されてしまいました。しかし、この馬自身はバテてしまったわけではなく、最後はスピードの差が出てしまっただけだと思います。左回りでも東京競馬場でも結果を残せることが証明できました。これで有馬記念は一番人気になるでしょうね。

5着オウケンブルースリ。直線で一瞬前をカットされる不利が痛かったと思います。最後はもう一度伸びて掲示板を確保しているように、一線級の古馬と初対戦とは思えないレースぶりでした。同じ3歳のディープスカイと比べると完成度がかなり違うように思います。今後、さらに大きな成長が期待できる1頭。来年はこの馬の天下になるような気がします。

6着メイショウサムソン。直線では最内を突いて一瞬見せ場がありましたが、最後の200mで脚が止まってしまいました。普段はタフなサムソンも海外遠征明けでは、さすがに筋肉が落ちていたようです。パドックではいつもより馬体がすっきりして見えました。有馬記念までに万全な状態に戻すことができるのか。

8着アサクサキングス。ルメール騎手は、外枠だったこともあって無理して先手を奪いに行かなかったようです。道中は中団の位置取り、直線で外に出したものの伸びきれませんでした。この展開なら単騎で引っ張って逃げた方が面白かったかもしれません。

外国馬の最先着は9着のパープルムーンでした。

ジャパンカップ(G1・定量・東京・芝2400m)
1着-(16)スクリーンヒーロー(デムーロ) 9人気
2着◎(9)ディープスカイ(四位) 1人気
3着△(4)ウオッカ(岩田) 2人気

 単勝 16 4100円
 馬複 9-16 7620円
 馬単 16-9 25160円

2.25.5
ラップ 12.6 - 11.6 - 12.4 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.2 - 11.3 - 11.9
(74.6-70.9)




にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

ジョッキーの運

第28回ジャパンカップを勝ったのはスクリーンヒーローでした。前走アルゼンチン共和国杯を2分30秒8の好タイムで快勝した馬。この勝ちタイムは過去10年で2番目に速いタイムでした。これだけのタイムを記録しながら、勝ったスクリーンヒーローの上がり3ハロンは33秒7(メンバー中4位)という速さでした。このときは何とも言えない違和感だけが残りましたが、まさか21日後にこういう結果が待っているとは・・・。

スクリーンヒーローの鞍上デムーロ騎手は今回が初騎乗。前走乗っていた蛯名騎手がマツリダゴッホに騎乗するということで代わりに選ばれたのでしょう。もちろん騎手自身の実力も勝因の1つだろうと思いますが、こういう強い馬を引き寄せる運の良さにも注目するべきでしょうね。確かダイワメジャーの皐月賞のときも、テン乗りで人気薄だったと思います。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの予想】

本命はディープスカイ。天皇賞・秋では内枠スタートということもあって、いつもより前の位置につけたため、道中引っかかってしまいました。4コーナー、直線でもウオッカより早めに仕掛ける展開。ゴール前では力尽きてしまいましたが、ほとんど差のない内容と言えるでしょう。陣営が秋の大目標として狙いを定めていたジャパンカップを迎えて、今回は余力を残さずに勝ちを獲りに来るでしょう。

対抗はアサクサキングス。前走の天皇賞・秋は8着敗退。ただし、休み明けだったこと、スピード能力が問われるレース展開だったことを考えれば、直線半ばで一瞬見せ場を作ったレース内容は悪くないと思います。競馬ブックのPHOTOパドックで馬体をチェックしましたが、今回は今年最高の状態に仕上がっているようです。ダービーの時と同じイメージの競馬ができれば、アッと驚く快走もありえそうです。

オウケンブルースリにも期待。菊花賞で見せた余裕たっぷりの勝ち方が印象に残っています。一流の古馬勢を相手にしても良い勝負ができそうな気がします。ウオッカにも当然注目。仮に折り合いがつかなかったとしても、無様な競馬は見せないと思います。マツリダゴッホは左回りでも問題ないでしょう。展開的に先行勢が有利になるケースも考えられます。この馬にとっては、中盤が緩んでロングスパートを仕掛ける展開が理想。

メイショウサムソンは当日の気配を見てから考えたいと思います。外国馬ではペイパルブルでしょう。

ジャパンカップ(G1・定量・東京・芝2400m)の予想
◎ディープスカイ
○アサクサキングス
▲オウケンブルースリ
△ウオッカ
△マツリダゴッホ




にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの展望6】怒りの鉄拳・オウケンブルースリ考

デビューから史上最短の184日目で第69回菊花賞を制したオウケンブルースリ。メンバーに恵まれた面もあると思いますが、レース内容は完勝に近い形でした。今回、大幅に相手が強化されてレベル的に通用するのか、注目が集まります。

その菊花賞では4コーナーから大外を回って一気に仕掛けると、直線で力強い末脚を発揮。ゴール前でも、まだまだ余裕がありました。長く良い脚を使って、しかも最後のゴール前でも良い脚を残していたという内容は大きな価値があります。東京競馬場の2400mでも全く問題ないでしょう。菊花賞とジャパンカップを連勝した3歳馬は過去に1頭もいませんが、この馬なら歴史を変える可能性を秘めていると思います。

レベル的に通用するかという問題もあまり気にすることはないでしょう。2走前の神戸新聞杯では、ダービー馬のディープスカイに迫る競馬を見せています。相手が完調手前だったとはいえ、この馬も後方からの競馬で脚を余すレース内容。まだ決着がついたわけではないと思います。

予想は明日の朝に公開する予定です。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの展望5】大人の男代表・メイショウサムソン考

日本の古馬牡馬代表・メイショウサムソンは、これまで皐月賞、ダービー、天皇賞春・秋とG1レースで4勝を挙げています。2馬身半の差をつけて楽勝した昨年の天皇賞・秋以外のG1では、半馬身、クビ、ハナという着差。接戦における勝負強さを示してきた馬です。

ただし、今年に入ってからはG1未勝利。同じオペラハウスということでテイエムオペラオーと同じイメージで見てしまいますが、あれだけの名馬でさえ、5歳の年にはG1を1勝しかできませんでした。全盛期に比べてフレッシュな状態とは言えないメイショウサムソン。果たして復活することはできるのか。

武豊騎手の落馬負傷により、復活の期待を託されたのが石橋守騎手。元々は、デビューから彼が乗り続けていた馬で、昨年秋の凱旋門賞挑戦の中で乗り替わりになったという経緯があります。彼の手に導かれて戦ったレースは、ダービーなどの大レースを含めて18戦。今回は手綱が戻った形になりますので、何も不安はないでしょう。それどころか、この乗り替わりによって新たな刺激を受けたメイショウサムソンが復活する可能性は十分あると思います。

道中でしっかり脚をためて直線できっちり差し切るという形のレースを目指していたと武豊騎手に対して、石橋騎手は早めに抜け出して持ち前の粘り強さで押し切るスタイル。オペラハウス産駒のメイショウサムソンにとっては後者の方が向いているような気がします。今回内枠に入ったことで積極的な競馬をやりやすくなりました。体調さえ良ければ、5歳の秋、最後にもう一花咲かせることができるでしょう。

次回はオウケンブルースリについて考察します。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの展望4】中山最強走者・マツリダゴッホ考

3世代ダービー馬対決が注目されている今年のジャパンカップ。忘れてはならないのが、昨年の有馬記念ホース・マツリダゴッホです。もちろんダービーを勝った馬は称賛されて当然ですが、暮れのグランプリ・有馬記念を勝った馬は1年を代表する存在。2007年の最後を締めくくったグランプリホースは、ウオッカでもメイショウサムソンでもなく、マツリダゴッホでした。その栄誉はしっかりと歴史に残っています。

良く知られているように、この馬は全9勝のうち7勝を中山で挙げている中山巧者。パワー型の先行馬で、なかなかバテない代わりに瞬発力は少し不足しています。昨年の有馬記念はレースの上がり3ハロンが36秒4もかかったレース。他の馬が瞬発力を発揮できない環境(馬場状態、コース形態、天候)が整っていることが勝利の条件となります。東京競馬場では青葉賞の4着、昨年の天皇賞・秋の15着という成績しか残っていませんが、本格化前だったり、状態が本物ではなかったり、と敗因は明確になっています。馬体重490キロ台を保っていれば、昨年のように無様な結果にはならないと思います。

今のところ、土日の関東地方は雨が降りそうにないので、おそらく良馬場で行われそうです。今回、飛ばして逃げるようなタイプの馬がいないので、おそらく4コーナーで馬群が一団となる展開。瞬発力勝負になると、バテなくても他の馬に差される可能性が高いと思います。マツリダゴッホが本当に勝ちを狙いに行くなら、自分から動いていく必要があります。どのような展開になっても紛れの少ない東京競馬場ということで、マツリダゴッホにとっては厳しい戦いになるような気がします。

次回はメイショウサムソンについて考察します。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの展望3】若き荒武者・ディープスカイ考

今年のダービー馬であり、初勝利を挙げるまで6戦を要した馬でもあるディープスカイ。周りの環境に恵まれたエリートというよりは、雑草魂で勝ち上がってきたというイメージがあります。だからこそ、応援したくなってしまうのでしょう。

春はNHKマイルカップとダービーの変則2冠を達成。今秋、同世代相手の神戸新聞杯を快勝すると、陣営は天皇賞・秋へ駒を進めました。その天皇賞では、ウオッカ、ダイワスカーレットの最強牝馬2頭を相手に善戦の3着。古馬との初対戦で、これだけの中身を示すことができたのは大きいと思います。今が充実の3歳馬、この敗戦をバネにして一気に飛躍(来年以降も含めて)する可能性が高いでしょう。

天皇賞の敗因の1つは仕掛けのタイミング。ウオッカよりも、ほんの少しだけ早く動いた分だけ、最後の差につながったような気がします。もうお手上げという負け方ではなく、内容的にはほとんど互角だったと言っても過言ではないでしょう。今回は、挑戦者としてウオッカを標的に定めた乗り方をしてくるはず。道中の位置取りが最大の注目だと思います。神戸新聞杯や天皇賞で示したように脚質の幅が広がっており、どういう展開でも自在に立ち回れるというのは強みになるでしょう。2400mはこの馬にとってベスト。

次回はマツリダゴッホについて考察します。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの展望2】最強女・ウオッカ考

牝馬として64年ぶりのダービー制覇など、牡馬相手に信じられない強さを見せ続けてきたウオッカ。先日の天皇賞・秋で4つ目のG1タイトルを獲得。グレード制導入後、牡牝混合G1を3勝した牝馬は他にいません。

ウオッカにとってはジャパンカップは昨年4着に敗れている舞台。今年は天皇賞馬として他のライバルを迎え撃つ立場のウオッカ。前走天皇賞・秋のレース内容を見ると、競走馬としての性能が他の馬とは一枚も二枚も違うという印象。今回も舞台は得意の東京競馬場。ここでもかなり高い確率で上位に来ると思います。現在考えられる最高のメンバーが揃ったジャパンカップを勝って、現役最強馬の座を確かなものにしたいところです。

ただし、この馬の場合は気性面が課題になります。その気性が良い方向に向かったときには驚異的な爆発力を発揮する一方、気性が悪い方に出てしまうと、あっさり崩れてしまう可能性を常に抱えています。今秋の走りを見ると、年齢を重ねて改善されてきたようにも思いますが、まだ分かりません。

もう1つの不安は距離。ダービーで東京の2400mを勝っていると言っても、3歳春のこと。今年になってからのレース内容を見ると、マイラーとしての能力が突出してきた印象があります。道中から、ある程度仕掛けつつ、最後の直線で脚を爆発させるというパターンが最も合っていると思います。それが最も良い形で結実したのが前走の天皇賞・秋でした。前走と同じようなレースをやってしまうと、残り400mは持たない可能性もあります。道中で脚をためて良い脚を使えるタイプではない(おそらく道中でためることにストレスを感じてしまう)だけに難しいと思います。

そして、今回は武豊騎手から岩田騎手に乗り替わります。天皇賞の武豊騎手は、道中でウオッカの気持ちを上手く制御し、神業とも言えるタイミングで仕掛けてダイワスカーレットを差し切っています。彼の騎乗が天皇賞の大きな勝因の1つでした。岩田騎手は安田記念で騎乗しているとはいえ、2400mの今回はウオッカをどう乗りこなすか。最大の注目ポイントだと思います。

次回はディープスカイについて考察します。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【ジャパンカップの展望1】豪華メンバーが集結

今週の日曜日、第28回ジャパンカップが東京競馬場(芝2400m)で行われます。秋の中距離古馬のG1レースは3戦行われますが、今回のジャパンカップは先日の天皇賞・秋(東京・芝2000m)に続く第2弾という位置づけ。さらにG1戦線は、暮れの第3弾・有馬記念(中山・芝2500m)へと続きます。

過去に、この秋の3連戦を3連勝した馬は、テイエムオペラオー、ゼンノロブロイの2頭しかいません。トップホースによって激戦が繰り広げられる古馬のG1レースを、ベストに近い状態で3つ続けて走ることは簡単ではありません。その点、今年のメンバーはこの3連戦を上手く使い分けしていて、3連戦のうち2戦だけに全力投球という馬が多いようですね。強い馬が全て集結するレースを見たい気もしますが、強い馬がきっちり実力を発揮できる状態で出走してくる方が大事なことだと思います。

それにしても、今年のジャパンカップは豪華メンバーが揃いました。天皇賞1,3着のウオッカディープスカイに加えて、古馬牡馬からメイショウサムソンマツリダゴッホが参戦。今年の菊花賞馬オウケンブルースリも参戦。昨年の菊花賞馬アサクサキングスも健在。外国馬は4頭参戦。昨年に続いて参戦するイギリスのペイパルブルは、今年のキングジョージ2着馬。シックスティーズアイコンは、2006年のセントレジャーを勝っています。トップクラスの中で出走していないのは、ジャパンカップをパスして有馬記念へ向かう予定のダイワスカーレットぐらいでしょうか。

次回から有力馬の見解について述べていきたいと思います。

-----

ジャパンカップ(G1・定量・東京・芝2400m)の枠順
1 オウケンブルースリ(牡3、内田博幸・音無秀孝)
2 メイショウサムソン(牡5、石橋守・高橋成忠)
3 トーセンキャプテン(牡4、O.ペリエ・角居勝彦)
4 ウオッカ(牝4、岩田康誠・角居勝彦)
5 ダイワワイルドボア(牡3、北村宏司・上原博之)
6 パープルムーン(セン5、J.スペンサー・L.クマーニ)
7 ネヴァブション(牡5、横山典弘・伊藤正徳)
8 トーホウアラン(牡5、藤田伸二・藤原英昭)
9 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
10 オースミグラスワン(牡6、川田将雅・荒川義之)
11 シックスティーズアイコン(牡5、J.ムルタ・J.ノスィーダ)
12 マーシュサイド(牡5、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)
13 マツリダゴッホ(牡5、蛯名正義・国枝栄)
14 ペイパルブル(牡5、R.ムーア・M.スタウト)
15 アサクサキングス(牡4、C.ルメール・大久保龍志)
16 スクリーンヒーロー(牡4、M.デムーロ・鹿戸雄一)
17 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己・松田博資)
18 コスモバルク(牡7、松岡正海・田部和則)



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。