Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フェブラリーステークスの回顧】

フェブラリーS(GⅠ・定量・東京・ダ1600m)

1着◎(15)ヴァーミリアン(武豊) ①人気
2着△(10)ブルーコンコルド(幸) ⑦人気
3着○ (16)ワイルドワンダー(岩田) ③人気

 単勝 15 240円
 馬複 10-15 2820円
 馬単 15-10 3520円

1.35.3
ラップ 12.4 - 10.9 - 11.5 - 11.9 - 12.4 - 12.4 - 11.7 - 12.1
(34.8-24.3-36.2)



ヴァーミリアンが圧勝。

外枠から好スタート。6番手ぐらいにつけて、4コーナー外から徐々に進出。直線に入って楽な手応えのまま先頭に並びかけ、残り400mぐらいから追い出すと、あっという間に突き抜けた。

次元が違うとしか言いようがない勝ち方だった。

前半59秒1はマイルGⅠでは平均ペースだが、馬群が固まっていたので全体としては少し速かった。ヴァーミリアンは、マイル適性が心配されていたが追走に戸惑うこともなかった。

この内容ならレース後の消耗はほとんどないだろう。しかも、今日は馬体重プラス7キロで余裕を残した仕上げ。これなら、万全の状態でドバイに挑めそうだ。


2着ブルーコンコルド
GⅠ6勝の実力を示した。位置取りは4番手ぐらい。直線でヴァーミリアンが一気に突き抜けた時にちょっと置いて行かれたが、エンジンが掛かったゴール前は力強い伸び脚だった。


3着ワイルドワンダー
中団から後方の位置取り。4コーナーで動いて1着馬に並びかけていったが、追い出すとあっという間に離されてしまった。現時点では力の差を見せ付けられた。


4着ロングプライド9着ドラゴンファイヤーの4歳馬2頭は、GⅠではまだ力不足だった。8着メイショウトウコンは距離が足りなかったのと、東京競馬場と相性が悪い。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

【フェブラリーステークスの予想】

フェブラリーS(GⅠ・定量・東京・ダ1600m)の予想
◎ヴァーミリアン
○ワイルドワンダー
▲ドラゴンファイヤー
△フィールドルージュ
△ブルーコンコルド



ヴァーミリアン
今回は自分自身との戦いになるだろう。GⅠ3連勝の後、川崎記念を右飛節炎で回避。決して順調とは言えない。さらに久々のマイル戦。

あっさり勝つこともあるかもしれないが、凡走する可能性も捨てきれない。圧勝するか、着外に敗れるか。迷いに迷ったが本命にする。ここは、ダート界ナンバーワンの実力を信じる。


ワイルドワンダー
マイル戦では昨秋の南部杯(GⅠ)2着を含み、[1-2-0-0]という成績。マイル戦に限ればヴァーミリアンを逆転する可能性もある。

前走の根岸Sでは馬体重-8キロでギリギリの状態だったが、その時の状態をキープしていれば十分だ。


ドラゴンファイヤー
ダイワスカーレット回避でアンカツ騎手を確保できたことは大きい。前走平安S9着は度外視して期待したい。出遅れなかった場合、どこまでやれるのか。

フィールドルージュ
JCダート2着の後、名古屋グランプリ(GⅡ)と川崎記念(GⅠ)を連勝。ようやく本格化した。ただし、マイル実績がない。

ブルーコンコルド
4走前には南部杯(GⅠ)を勝っている。まだまだ衰えはない。今回のメンバーなら、実績トップの存在。7つ目のGⅠ制覇を狙う。

ペリエ騎手のロングプライド、平安S2着のメイショウトウコンも印は回らないけど注目だ。

他には松元省調教師のクワイエットデイが好走すれば面白い。

→ 過去10年の傾向分析
→ 過去10年の傾向分析 その2



ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【フェブラリーステークスの傾向分析 その2】

前回の分析では、前走レース別の結果に着目した。

今回は、前走、根岸Sまたは平安Sに出走していた馬をもう少し詳細に分析してみたい。


【前走、根岸S】
フェブラリーSのステップレースとなった2001年から2007年までの6回(2003年を除く)を分析。

前走根岸S組の全成績は、[2-0-3-29] 。

根岸S出走馬でフェブラリーSを勝った馬は、2001年のノボトゥルーと2005年のメイショウボーラーの2頭。共に根岸S1着→フェブラリーS1着と、連勝でGⅠを制している。

フェブラリーS1~3着に入った5頭のうち4頭が根岸S3着以内という成績を残している。

つまり、根岸S組は着順がそのままフェブラリーSに直結する。


ただし、根岸S1着馬が惨敗するケースもあり、レースレベル自体にバラつきがあるので注意。


【前走、平安S】
98年から2007年までの9回(2003年を除く)を分析。

前走平安S組の全成績は、[2-3-1-19]。

平安S1着馬のフェブラリーSの成績は、[0-0-1-7]で連対なし。

フェブラリーSで1~2着に入った5頭すべてが、前走の平安Sでは負けていた。

その5頭のうち3頭が、平安Sで4コーナー9番手以下から追い込んだ馬。追い込み困難な京都1800で苦戦した馬が、東京の1600で巻き返すケースが多いという傾向が分かる。

平安S組は着順よりもレース内容が重要だ。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

【フェブラリーステークスの傾向分析】

今週の日曜日には、今年最初のGⅠ・フェブラリーSが行われる。

ダイワスカーレットは回避してしまったが、ヴァーミリアンやフィールドルージュなど豪華メンバーが揃った。

人気になりそうなのは、
 ヴァーミリアン
 ワイルドワンダー
 フィールドルージュ
 メイショウトウコン
 ロングプライド

ぐらいだろうか。

いつものように過去10年の結果から傾向を分析する。今回は、中山で行われた2003年を除く過去9回分を対象とする。


【人気】
1番人気は[4-0-0-5]という成績。連対馬18頭中15頭が1~5番人気。

古馬のGⅠレースなので、各馬の力関係は明確になっている。人気馬同士の組み合わせで決まることが多く、人気薄は狙いにくい。


【所属】
関東馬[1-0-4-30] 連対率3%
関西馬[7-8-5-74] 連対率16%
地方馬[1-1-0-12] 連対率14%

関西馬が圧倒的に優勢。関東馬の連対は98年1着グルメフロンティアのみ。

今年は関東からワイルドワンダー、ドラゴンファイヤーの2頭が参戦予定。


【前走着順別】
1着[5-2-4-21]
2着[3-3-2-12]

連対馬18頭中13頭が前走連対している。前走8着以下の馬は連対していない。


【前走レース別】
前走レース別の成績は、
 平安S [2-3-1-19] 連対率20%
 東京大賞典 [1-3-1-8] 連対率31%
 JCダート [2-1-0-0] 連対率100%
 根岸S [2-0-3-29] 連対率6%
 川崎記念 [0-2-1-11] 連対率21%
 香港カップ [1-0-0-0] 連対率100%
 中山金杯 [1-0-0-0] 連対率100%
 その他のレース [0-0-3-49]
となっている。


ステップレースの平安Sと根岸Sは、出走馬が多いため、連対馬も多い。あとはJCダート、東京大賞典、川崎記念などのGⅠ出走馬はさすがに成績が良い。

レース別に詳しく見たいので、前日までにはもう一度分析したいと思っている。



ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。