Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オーシャンS】発走時の不手際についてJRAが謝罪

土曜日のオーシャンSでサンアディユが大きく出遅れた件に関して、JRAが謝罪会見を開いていたようだ。

アクシデントはゲート入りの時に起こった。アイルラヴァゲインが扉を蹴った音に驚いたサンアディユがゲートの前扉を潜ろうとしたため、スターターは係員に馬を駐立させるように指示。いったん体勢を戻したサンアディユだったが、係員が離れると再び潜ろうとする仕草を見せた。ゲートの前でオロオロする厩務員、その腕を引っ張る係員。その直後に、スターターが「開けるよ」と発声し、ゲートが開かれた。

サンアディユは大きく出遅れ。その他にも、複数の騎手が「開けるよ」という言葉を、後ろの扉が開くと勘違いしたらしい。

今回、JRAは少なくとも3つのミスを犯していると思う。

1.ゲート内でパニックを起こした馬に対して、馬体検査や外枠発走などの処置をとらなかった。
2.ゲート内の駐立(おとなしく立っていること)を確認せずにゲートを開いた。
3.スターターが「開けるよ」という誤解を招くような声をかけた。


JRAの会見では3について謝罪していたらしいけど、1と2の方がよっぽど問題だと思う。発走時刻が多少遅れても、しっかりしたスタートを切るようにしてほしかった。

しかも、パニックを起こして大きく出遅れたサンアディユが翌日に急死してしまった。JRAはスタートの不手際と死亡の因果関係について否定しているらしいが、いったんゲート入りをやり直して馬を落ち着かせていれば、このような悲劇は起こらなかったのではないだろうか?後味の悪い結末になってしまった。


スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

【オーシャンSの回顧】大激戦を制したプレミアムボックス!

オーシャンS(JpnⅢ・別定・中山・芝1200m)

1着-(15)プレミアムボックス(吉田隼) ⑦人気
2着-(6)エムオーウイナー(熊沢) ⑫人気
3着△(14)ナカヤマパラダイス(柴田善) ⑥人気

 単勝 15 1960円
 馬複 6-15 46370円
 馬単 15-6 100720円

1.08.9
ラップ 12.0 - 11.0 - 11.1 - 11.4 - 11.2 - 12.2
(34.1-34.8)


一番人気のサンアディユが大きく出遅れ。エムオーウイナーが引っ張る展開になった。勝ったプレミアムボックスは外枠15番からのスタートで中団につけていた。そこから徐々に進出し、4コーナーでは、すでに先頭に並びかける勢いで外を回った。直線の激しい叩き合いを制して1着。

過去のラップタイムを確認すると、一昨年は33.3-35.3で1.08.6、昨年は33.5-34.7で1.08.2だった。前傾レースが多い中山1200で、今回の前半3ハロン34秒1は少し遅いペースだった。人気馬がいなくなって各馬が戸惑っていたことが良く分かる。


1着プレミアムボックス
5歳の牡馬でキャリアはまだ13戦。前走の山城Sを勝ってオープン入りしていた。今回プラス12キロで526キロの馬体。上がり3ハロン33秒8の脚で差し切り勝ちを決めた。

2着エムオーウイナー
直線で良く粘った。昨年シルクロードSを勝っているが、近走は不振が続いていた。今回は、昨年のスプリンターズS(16着)以来のレースで、休んだ効果があった。もまれ弱い馬ということで、単騎逃げの形になったことも良かったのだろう。

4着アイルラヴァゲイン
直線で内に閉じ込められて苦しい競馬になってしまった。前が開いていれば・・・という惜しい内容。中山巧者だけに次は厳しいかな。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

【オーシャンSの予想】中山巧者 ◎アイルラヴァゲイン

オーシャンS(JpnⅢ・別定・中山・芝1200m)の予想
◎アイルラヴァゲイン
○ドラゴンウェルズ
▲サンアディユ
△リキサンファイター
△ナカヤマパラダイス


アイルラヴァゲイン
昨年の覇者。前々走のスプリンターズS(GⅠ)3着の実績が示すように、中山1200m[3-0-2-1](5着以下は一度もない)の中山巧者。前走のシルクロードS15着は、先行馬が総崩れの展開(馬場)で度外視できる。GⅠではともかく、ここなら勝機は十分ある。

ドラゴンウェルズ
セプテンバーS(中山)を1分7秒6で勝っている。芝1200mは、そのときの一度だけしか走っていないが、スプリンターの素質を秘めていると思う。今回は、大外枠をどうやって乗り切るのか注目したい。

サンアディユ
不良馬場のスプリンターズSは、4コーナーで騎手の手が動いても反応が鈍く、直線だけ追い上げて2着。力だけで上位に来た印象で、中山1200mの適性は疑問だ。今回のメンバーでは当然負けるわけにはいかないけど、あまり強くは推せない。

あとはリキサンファイターナカヤマパラダイスクールシャローンあたりまで注目している。



ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【オーシャンSの傾向分析】中山1200m 勝利の条件とは・・・

今週は4つの重賞レースが行われる。今日は、土曜日に中山で行われるオーシャンSについて、いつものようにレース傾向分析をする。

このオーシャンSは、いちおう高松宮記念のステップレースとなっているが、2000年以降(高松宮記念が3月に移ってから)で連対馬を1頭(2002年ショウナンカンプ)しか輩出していない。

今のところ人気になりそうなのは、
 サンアディユ
 アイルラヴァゲイン
 ドラゴンウェルズ
 ステキシンスケクン
 アドマイヤホクト

ぐらいだろうか。

今回は、重賞に昇格した2006年からの2年間について振り返る。

【人気】
1番人気[1-0-1-0]
2番人気[0-0-0-2]
3番人気[0-0-0-2]

過去2回は、14番人気-6番人気、1番人気-10番人気で馬連87950円、4350円の決着。

サンプル数が少ないので何とも言えないが、今年も波乱になる可能性はある。


【前走レース】
すばるS[1-0-1-1] 連対率33%
スワンS[1-0-0-1] 連対率50%
シルクロードS[0-2-0-14] 連対率14%
その他[0-0-1-10] 連対率0%

シルクロードS組は、出走頭数の割に結果は出ていない。コース形態や馬場状態の違い、ハンデ戦と別定戦の違い、などの理由によるものだろう。


【中山1200m】
中山の1200mは、前半が下り坂。コーナーが長く、外を回ると距離のロスになるため、外枠の馬が内に切れ込んでくる。その結果、先行争いが激化する。

ただし、ハイペースになっても先行馬は残る。中山1200mの代表的なレースであるスプリンターズS(GⅠ)は、過去10年で4コーナー先頭の馬が4勝。これは、高松宮記念(GⅠ)の1勝と比べてダントツに多い。

激しいペースの中で、距離のロスなく早めに行って、なおかつ直線でも脚が衰えない馬が強い。つまり持続力勝負。一瞬のスピードだけでは通用しないコースだ。

今の馬場状態なら、内枠の先行馬で持続力タイプの馬が狙い目になる。


予想は週末に。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。