Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【桜花賞の回顧】第68代 レジーナ!

桜花賞(Jpn1・定量・阪神・芝1600m)

1着-(15)レジネッタ(小牧) 12人気
2着-(18)エフティマイア(蛯名) 15人気
3着△(13)ソーマジック(後藤) 5人気

 単勝 15 4340円
 馬複 15-18 196630円
 馬単 15-18 334440円

1.34.4
ラップ 12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 12.6
(46.4-48.0)

前半4ハロンが46秒4の少し速いペースになり、馬群が大きく縦に伸びるレース展開だった。前が潰れて後方有利の展開にも思えるが、内外の馬場状態の違いから後方の馬はコースロス覚悟で外へ回る厳しいレースを強いられた。結果、後半の4ハロンが48秒0で勝ちタイム1分34秒4という平凡な勝ちタイムの決着だった。


1着レジネッタ
道中は中団より後ろ。人気になったトールポピー、リトルアマポーラよりも少し前の位置取りだった。4コーナーを楽な手応えで回り、直線半ばから追い出すと一歩ごとに前との差を詰めて、前を行く馬をきっちりゴール前で差し切った。

阪神JFではハイペースの中を先行して6着に粘っていた馬。これまで世代トップクラスの馬と差のない競馬をしているとはいえ、ここで快走するとは思わなかった。ちょっと重くなりかけている阪神の馬場もフレンチデピュティ産駒の牝馬に味方した。

2着エフティマイア
大外枠からのスタートで先行集団に位置していた。直線、馬場の真ん中から力強く伸びて一瞬勝ったと思ったが、最後に差されてしまった。2歳の時に新潟2歳Sを勝ってから凡走が続いていたが、ここで復活した。今日は馬体重マイナス10キロできっちり仕上がっていたのも好走の要因だろう。前日の阪神牝馬S1着馬と同じくフジキセキ産駒で、暖かくなると強いサンデー血統の底力を見せつけられた。

3着ソーマジック
道中は1着馬の少し前の位置。直線で一瞬馬群に沈むような場面があっても、最後までしぶとく伸びて3着を確保した。シンボリクリスエス産駒で距離が伸びても良さそうな感じがする。オークスでは有力馬の1頭になるだろう。

5着リトルアマポーラ
ちょっと出遅れ気味のスタート。道中は後方から淡々と進んでいた。4コーナーから一気に動き出して大外へ。直線、ジリジリと伸びてはいるが、最後は他の馬と脚色が一緒になってしまった。京成杯で馬群に突っ込んで惜敗したこともあって、幸四郎騎手は思い切って大外に回したが、結果的に早仕掛けと距離のロスがゴール前で響いた。胴長の馬体で長距離向きの可能性は残っているが、今日のレースで能力の限界が見えてしまった気もする。

8着トールポピー
馬体重がマイナス10キロ。パドックではトモの部分がかなり細く見えた。道中は後方の位置取り。4コーナーでリトルアマポーラと一緒に上がって行ったが、直線ではいつもの脚を発揮できなかった。調教で走りすぎた反動だろうか。

12着オディール
道中は中団の好位置につけて良い感じに見えたが、直線では全く伸びず、馬群に沈んだ。2歳の時には世代トップクラスだったが、成長力という点では疑問かもしれない。


レース前から混戦と言われていたとおり、ゴール前では各馬が横一線になって叩き合い。展開や位置取りなど、わずかな差が結果を左右した。上位陣に力の差はほとんどない。今日の結果を見ても、1ヵ月後に行われるオークスが全く見えてこない。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

【桜花賞の予想】アマポ!豪脚に期待!

桜花賞(Jpn1・定量・阪神・芝1600m)の最終予想
◎リトルアマポーラ
○オディール
▲トールポピー
△ソーマジック
△エアパスカル


今年の桜花賞は混戦。直前の状態やレース展開によって着順が入れ替わる難しいレースになりそうだ。特に前走マイナス体重だった馬が多く、中間の調整内容には注意しなくてはいけない。

レース展開は、内のデヴェロッペが逃げるだろう。もしかすると、エイムアットビップも前に行くかもしれない。いずれにしても、前はあまり速くならない。各馬横一線で瞬発力勝負。

リトルアマポーラ
マイルでは3戦3勝。前走のクイーンCでは大外一気の豪脚を見せた。昨年の勝ち馬ダイワスカーレットと同じアグネスタキオン産駒で、阪神の外回り1600mはベストに近い。近年、クイーンCからのローテーションで勝った馬はいないけれど、前走がマイナス12キロの馬体重だったこの馬にとって間隔が開いたのは良いこと。前走後には強めの追い切りを2本やれているので状態の心配はなさそう。あとは、鞍上の幸四郎騎手が上手く乗ってくれることを祈るだけ。

オディール
前走のチューリップ賞では少し出遅れて後方の位置取りになってしまったが、今回は早めに前につける競馬をすると思う。この中間は軽めの調教だったが、世代トップクラスの馬だと思っているので期待したい。

トールポピー
前年の2歳女王。中間の調整は万全だが、フサイチホウオーの妹ということが少し心配。

ソーマジック
芝で2連勝中。一線級を相手にどこまで通用するか注目の存在。

エアパスカル
前走後はいったん短期放牧に出ていたが、中間の追い切りもきっちり消化している。馬体重が増えていても問題はないと思う。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【桜花賞の予想 1週前】本命はオディール

来週の日曜日に阪神競馬場では牝馬クラシック第一弾・桜花賞が行われる。とりあえず現時点での予想を発表する。

桜花賞(JpnⅠ・定量・阪神・芝1600m)の1週前予想
◎オディール
○トールポピー
▲リトルアマポーラ
△ブラックエンブレム
△エアパスカル


トライアルレースを比較してチューリップ賞組が上位にあると思う。その中でもオディールを本命とする。前走のチューリップ賞では、上がり3ハロン33秒5の脚を使って3着に突っ込んだ。以前は早めに動いていく馬だったが、前走のようにためる競馬をすればかなりの末脚を使うことができる。阪神JFを勝っているトールポピーも当然中心になる。あとは、マイルで負けなしのリトルアマポーラ。フラワーカップを勝ったブラックエンブレム、チューリップ賞を勝ったエアパスカルが連下候補。一発が怖いのは、エルフィンSで強いレースを見せたポルトフィーノ




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【桜花賞の予想 その2】ステップレースを振り返る

引き続き桜花賞のステップレースを振り返る。

【クイーンC】 →レース回顧はこちら
1着リトルアマポーラ
中団。直線で外から豪快に伸びた。エンジンのかかりが遅いように見えたが、能力はかなりのものがある。デビュー直後からの2連勝の勝ちっぷりからも、マイルは合いそう。有力候補の1頭だと思う。あとは、ローテーションがどう影響するか。

4着デヴェロッペ
逃げて4着。東京のマイルで逃げ切ることは簡単ではないので負けたのは仕方がない。ゴール前100mまでは先頭だった。桜花賞当日の馬場状態に結果が左右されそう。

6着エフティマイア
先行して4コーナー外から先頭を窺う勢いだったが、直線で力尽きた。フジキセキ産駒で、新潟2歳Sを1分34秒1で勝っているように、時計は速くなったほうが良い。

10着馬が次走アネモネS2着なのでレースレベルは低くない。


【アーリントンC】 →レース回顧はこちら
8着ポルトフィーノ
ダンツキッスイが大逃げしたレース。直線で一瞬伸びそうな気配もあったが、外枠スタートで道中引っかかっていたこともあってゴール前200mで力尽きた。結果は惨敗だが、それほど悪い結果でもないと思う。走破タイム1分35秒2は1週後に行われたチューリップ賞よりも0.6秒も速い。しかもこのレースで3,4着に入った2頭はその後、重賞1着、皐月賞トライアル1着という成績を残している。レースレベルは高かった。


【フラワーC】 →レース回顧はこちら
1着ブラックエンブレム
先行逃げ切り。時計は平凡だが、レース内容は良かった。マイネルチャールズと僅差のレースをしたこともある馬でまだ強くなりそう。

3着シングライクバード
直線追い込んで3着まで。今のところ、除外対象で出走は厳しい。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【桜花賞の予想 その1】トライアルレースを振り返る

先日、牝馬クラシックの第一弾・桜花賞の最終登録が締め切られ、登録馬33頭が出揃った。今日は、これまでの一連のトライアルレースを振り返ってみたいと思う。


【チューリップ賞】 →レース回顧はこちら
1着エアパスカル
馬場状態に恵まれたこともあって、スローペースを逃げ切り勝ち。上がり3ハロンは34秒5だったが、ほとんどの馬が上がり34秒台で走っているレース。末脚にはあまり魅力を感じない。

2着トールポピー
2歳女王は、このレースが今年初戦となった。スローペースを早めに先行し、直線で1着馬を追い詰めたがハナ差届かず。ただし、トライアル用の走りを見せたということも言える。直線半ばまで追い出しを我慢させている所があったし、仕上がりにも余裕を残していたはず。阪神JFでは1分33秒8の好タイムで勝っており、能力はある。直線で追い出した時に首が高くなるのが少し気になった。

3着オディール
阪神JFで1番人気4着だった馬。このレースでは後方の位置取りから、直線で一気に追い込んできた。上がり3ハロン33秒5はメンバー最速の上がりタイム。多少でも前が早めに流れるような展開であれば、楽に差し切り勝ちしていた可能性が高い。桜花賞連勝中の鞍上も魅力で、本命候補。


【フィリーズレビュー】 →レース回顧はこちら
1着マイネレーツェル
後方から。最後の直線で大外から一気に追い込んで、鮮やかな勝ちっぷりだった。エルフィンSで4着があり、マイル戦は問題ない。このレースで上位に入った馬の中では1番手の評価をして良いと思う。あとは、他のトライアルレース組とのレベルの比較だけ。

2着ベストオブミー
直線で馬群の中から抜け出してきた。抜け出た時の脚はなかなか良かったが、大外に出した1着馬とはコース取りに差がある分だけ評価しにくい。

3着レジネッタ
阪神JF6着(0.5秒差)、エルフィンS3着(0.6秒差)。相手なりに走るタイプ。この馬を基準に考えると、このレースのレベルは微妙になる。

4着以下の馬では、1番人気で10着に敗れたエイムアットビップに巻き返しの可能性あり。

【アネモネS】
1着ソーマジック
芝のレースを使うようになって、500万下→オープンと2連勝。まだ底を見せていない魅力はある。

2着シャランジュ
デイリー杯5着、阪神JF5着の実績を残している馬。オープンでは順当勝ちだが、GⅠでは疑問。

過去5年でこのレースをステップにした馬が3着以内に入ったことはない。今年もレベル的に突出した馬はいなかったように思う。


とりあえずトライアルレースを振り返ってみた。メンバー的に見ても、やはりチューリップ賞組が一枚上の実力を持っていると見て問題なさそう。その他のステップレースについても近いうちに振り返ってみたいと思う。最終的な予想は枠順が確定する来週末になる。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。