Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【産経大阪杯の回顧】ダイワスカーレット、強すぎ!

産経大阪杯(GⅡ・別定・阪神・芝2000m)

1着○ (9)ダイワスカーレット(安藤勝) ①人気
2着△(8)エイシンデピュティ(岩田) ⑦人気
3着-(6)アサクサキングス(四位) ④人気

 単勝 9 200円
 馬複 8-9 2750円
 馬単 9-8 3310円

1.58.7
ラップ 12.5 - 10.8 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.6 - 11.7
(59.6-59.1)

前半1000m59秒6は平均的なペースだったが、中盤のラップに緩みがなく、ラストの3ハロンがすべて11秒台を記録するスピード決着。ある程度速いペースを持続できる馬に有利な展開で、後方から追走する馬にとっては厳しい展開だった。

1着ダイワスカーレット
この馬が逃げると他の馬は競って行かないことが多いけど、それだけ絶妙なペースを作っているということなのだろう。安藤騎手は手綱を抑えていたが、3,4コーナーでもそれほどペースは緩めていない。追走していた馬の方が苦しそうに見えた。直線ではアサクサキングスに詰め寄られる場面もあったが、最後の1ハロンで再加速して追撃を振り切った。すごい勝負強さ。

目標にされるプレッシャーも考えると、普通の馬では逃げ切れない展開だった。3,4コーナーで少しは息が入ったようだが、それでも上がり3ハロンを34秒8でまとめるのだから凄い。着差はわずかだったが、性能の違いを見せ付ける結果となった。馬体重+12キロでさらにパワーアップした印象があり、良い形で今年の初戦を勝つことができた。

2着エイシンデピュティ
2,3番手から。4コーナー内でジッと脚をためて、直線でしぶとく伸びて2着を確保。スピードの持続力がある馬なので1600m~2000mが合っている。

3着アサクサキングス
道中は2着馬と並ぶように2,3番手。直線では早めに前のダイワスカーレットを捕らえに行ったが、ゴール前で3着に後退。最後は斤量59キロが響いたが、休み明けとしては文句のないレース内容だった。距離が延びる天皇賞では有力馬の1頭になる。

6着メイショウサムソン
道中は4,5番手から追走。4コーナーで外から進出して行ったが、最後の直線では全く伸びなかった。斤量59キロだったとはいえ、ちょっと負けすぎ。以前に比べて走りに迫力がなくなっているような気がする。燃え尽きてしまったのだろうか?昨年の秋が凱旋門賞回避で、今年はドバイを回避。未だに調整の狂いを修正できていない。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

【産経大阪杯の予想】好メンバーが揃った一戦を制するのは?

産経大阪杯(GⅡ・別定・阪神・芝2000m)の予想
◎メイショウサムソン
○ダイワスカーレット
▲サンライズマックス
△ヴィクトリー
△エイシンデピュティ

GⅠ並みの好メンバーが揃ったレース。おそらくアドマイヤメインが離して逃げる展開になるだろう。ヴィクトリーやアサクサキングスなどがそれを追いかける。内回りの2000mなら後続のペースは早くならない。各馬3,4コーナーから動き出して直線の瞬発力勝負になる。

メイショウサムソン
昨年は春秋の天皇賞を連覇、その他にも宝塚記念2着、JC3着と現役トップクラスの古馬として活躍した。惨敗だった有馬記念は、レース前から覇気がなく、疲れがたまっていたようだ。今回の2000mは皐月賞、天皇賞(秋)を勝っている最も得意な距離。精神的にリフレッシュした今の状態なら、まず大崩れはしない。

ダイワスカーレット
昨年は、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯を勝ち、最優秀3歳牝馬に選出された。古馬牡馬と初対戦となった有馬記念でも2着に入り、デビュー戦以来の連続連対記録を9に伸ばした。エリザベス女王杯で見せた瞬発力、有馬記念で見せたパワーと粘り強さを兼ね揃えた最強牝馬だ。56キロの斤量も問題なさそう。

サンライズマックス
2強に割って入る可能性があるとしたらこの馬だろう。昨年の若葉Sではヴィクトリーの2着。実績は不足しているが、かなりの潜在能力を秘めていると思う。ステイゴールド産駒で鞍上が池添騎手なら、最後方から大外一気に追い込んでくる可能性大。

ヴィクトリー
近走は長距離やダート戦など、この馬本来の力を発揮できる条件ではなかった。早め先行で押し切りを狙ってくるはずなので、展開によっては怖い1頭。引っかかるぐらいなら行かせた方が面白い。

エイシンデピュティ
ハイレベルだった昨年の鳴尾記念で2着。2000mは降着になった天皇賞しか走ったことはないが、こなせる距離だと思う。岩田騎手に期待。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【産経大阪杯の傾向分析】

日曜日に阪神では産経大阪杯が行われる。

豪華メンバーの中で人気になりそうなのは、
 ダイワスカーレット
 メイショウサムソン
 ドリームパスポート
 アサクサキングス
 サンライズマックス

ぐらいだろうか。

いつものように過去10年の傾向を分析する。

【人気】
1番人気は[7-1-0-2]という好成績。3着以下に敗れたのは、2001年のテイエムオペラオーと2006年のローゼンクロイツの2頭だけ。基本的には堅いレースだが、5番人気以下が3頭連対している。3頭の前走成績は、京都記念5着、前年の香港カップ13着、ダイヤモンドS1着となっている。

【性別】
牡馬・セン馬[9-9-10-85]
牝馬[1-1-0-7]

勝利数では牡馬が圧倒。牝馬で連対したのは、98年のエアグルーヴ(1番人気)とメジロドーベル(3番人気)の2頭だけ。強ければ牝馬でも通用する。

【実績】
連対馬20頭中16頭が重賞勝ち馬。そのうち7頭はGⅠを勝っている。7頭の内訳は、エアグルーヴ、メジロドーベル、マチカネフクキタル、エアシャカール(2回)、ネオユニヴァース、メイショウサムソンとなる。7頭すべてがクラシックホースで、このうち3頭は前年のクラシック2冠馬となっている。相当な格が必要なレースである。

今年のメンバーでクラシックを勝っている馬は、ダイワスカーレット、メイショウサムソン、アサクサキングス、ヴィクトリーの4頭。

【年齢】
年齢別の成績は、
 4歳 5勝
 5歳 3勝
 6歳 1勝
 7歳 1勝

という成績で、若い馬が中心になる。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:競馬【各種分析】 - ジャンル:ギャンブル

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。