Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【皐月賞の回顧】作戦ミス?マイネルチャールズ惨敗

皐月賞(Jpn1・定量・中山・芝2000m)の結果
1着-(6)キャプテントゥーレ(川田) 7人気
2着△(1)タケミカヅチ(柴田善) 6人気
3着◎(9)マイネルチャールズ(松岡) 1人気

 単勝 6 1710円
 馬複 1-6 10260円
 馬単 6-1 20300円

2.01.7
ラップ 12.2 - 11.5 - 12.5 - 12.6 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.2 - 11.5 - 12.5
(61.4-60.3)

週半ばの雨から馬場が予想以上に回復している中で、前半5ハロンが61秒4のペース。勝負どころで11.2-11.5という速いラップを2ハロン続けて記録しているように、前半は完全なスロー。持っている能力をフルに発揮できなかった馬もいるけど、各馬一団の瞬発力勝負で、2着以降の馬はほとんど力通りだったと思う。


1着キャプテントゥーレ
前走の敗退と距離不安説で人気を落としていたが、元々は朝日杯で3着に入った実力馬。今回の馬体重446キロはデビュー以来の最低体重だったが、細く見えなかったし休み明けを一度叩いてきっちり仕上がっていた。ハイペースのマイル戦でも前に行ける先行力を生かして、思い切り良く行った鞍上の好判断だった。

弥生賞時と同様、今回も上がり3ハロンのタイムはマイネルチャールズとほとんど同じ。位置取りが逆になって、着順も入れ替わったというだけで2頭の実力は互角だった。

デビュー5年目の川田騎手はG1初制覇となった。昨年のスプリンターズSでは一番人気のサンアディユに騎乗して2着に敗れているが、今回も同じ中山競馬場で当時の経験が生きたと言える。

2着タケミカヅチ
重賞上位の常連がまたしても好走。中団の位置取りから直線内に突っ込んで鋭く伸びてきた。瞬発力勝負ではマイネルチャールズよりも上。東京競馬場で好走経験があり、ダービーでも注目だろう。

3着マイネルチャールズ
今週の土日、松岡騎手は皐月賞までに中山芝2000mのレースに3回乗って2勝2着1回という好成績を残していた。どのレースも3,4コーナーから積極的に前へ進出して押し切る競馬で、本番の皐月賞でも当然、同じように強気な騎乗を見せてくれると信じていた。

しかし、フタを開けてみると中団待機の競馬。レース前に「ダービーを見据えた競馬をしたい」と語っていた通りの騎乗で、陣営から何らかの指示が出ていたのかと疑いたくなるぐらい、騎手自身のキャラクターに合わない消極的な騎乗だった。

マイネルチャールズ自身、切れる脚を使う馬ではなく、前に行ってしぶとい脚を使うタイプだけに本来の持ち味を全く発揮していない。若手のホープとして期待されている松岡騎手には、この敗戦をバネに成長してほしい。

4着レインボーペガサス
こういう渋い馬場ではしぶとい脚を長く使う。当然、ダービーでも有力馬になるだろうけど、馬体が完成する秋以降の方が楽しみ。

6着ブラックシェル
不器用なタイプで中山が合っていないこともあるけど・・・G1では少し足りない印象。

14着ショウナンアルバ
前半は折り合いがついて後方に位置していたが、向こう正面で我慢できずに動いてしまい、チグハグな競馬になった。タケミカヅチを基準にすると、この馬もトップレベルにあるのは間違いない。共同通信杯を勝っているし、ダービーでは、また評価が難しい馬。

---
今年の牡馬クラシックは、上位陣が高いレベルで拮抗しているようだ。若手騎手のG1初制覇もあって、ダービーへ向けて期待の広がる良い皐月賞だった。




にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

【皐月賞の感想】キャプテントゥーレが優勝!

勝ったのはキャプテントゥーレ。スタート直後からグイグイ押してハナに立つと、コーナーを巧みに利用してきっちりスローペースに持ち込んだ川田クン。激しい2着争いを後ろに見ながら、他の馬を全く寄せ付けることなく2馬身半の差をつける逃げ切り勝ち。これで社台の馬は2週連続のG1制覇。昨日の中山グランドジャンプを勝ったマルカラスカルも社台ファームの生産馬で完全に流れが向いていた。

先週の桜花賞は結果を見て唖然としてしまうようなレースで、過去の戦績を見ても理論的に説明しづらいものだったが、今週の皐月賞は多少の波乱があったとはいえ、まずまず順当な結果に終わったと思う。

皐月賞(Jpn1・定量・中山・芝2000m)の結果
1着-(6)キャプテントゥーレ(川田) 7人気
2着△(1)タケミカヅチ(柴田善) 6人気
3着◎(9)マイネルチャールズ(松岡) 1人気

 単勝 6 1710円
 馬複 1-6 10260円
 馬単 6-1 20300円

・・・
レース回顧は後で。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

【皐月賞の予想】本命、マイネルチャールズ

重賞のたびに勝ち馬が入れ替わり、混戦と言われて続けている牡馬クラシック。桜花賞の大波乱もあって、何が勝ってもおかしくないというムードになりつつある。しかし、過去の成績を振り返ってみると、大荒れになった2002年と2007年以外は強い馬が順当に勝っている皐月賞。人気の盲点になっている馬が勝ったとしても、後の成績で本物だったと証明されるはずだ。

皐月賞(Jpn1・定量・中山・芝2000m)の予想
◎マイネルチャールズ
○ショウナンアルバ
▲ブラックシェル
△タケミカヅチ
△ダンツウィニング


マイネルチャールズ
差して良し、先行して良しの馬。中山2000mでは重賞2連勝を含めて3連勝中であり、ダービーではともかく、皐月賞では堂々と主役になれる。スタートさえ上手く行けば、かなりの確率で上位争いをするだろう。

ショウナンアルバ
共同通信杯、スプリングSでは無理に抑えようとして引っかかっていた。今回は本番、蛯名騎手は馬の行く気に任せると思う。末脚が切れるタイプではないので、直線で早めにセーフティーリードを取ってくるだろう。

ブラックシェル
前走の弥生賞の脚から有力候補ナンバー1と思っていたが、馬場の悪化もあって脚の使い所が難しくなった。クロフネ産駒というのも微妙。

タケミカヅチ
以前は後方から追い込むイメージのあった馬だが、前走の弥生賞では先行してしぶとい面を見せた。父ゴールドアリュールでパワー型のタイプ。馬場が荒れている今なら怖い1頭。

ダンツウィニング
京成杯では直線最内から鋭い脚で抜け出してきた。最後は外から来た馬に差されたが、勝ったマイネルチャールズと差のない競馬を見せている。折り合いがポイントになる。

その他、注目はレインボーペガサスフサイチアソートキャプテントゥーレの3頭。いずれも前走は負けているが、人気を落とすようなら面白い!




にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【皐月賞の1週前予想】パワーと切れ味を持った馬は?

4月20日に中山競馬場では、牡馬クラシック第一弾・皐月賞が行われる。今日は、現時点での予想を発表する。

皐月賞(JpnⅠ・定量・中山・芝2000m)の1週前予想
◎ブラックシェル
○マイネルチャールズ
▲スマイルジャック
△タケミカヅチ
△フローテーション


前走の弥生賞でスローペースの中団から上がり3ハロン34秒6の脚を使って2着に入ったブラックシェル。重賞勝ちこそないが、馬体重530キロ近い大型馬で中山の急坂を乗り越えるだけのパワーと切れ味を兼ね備えている。重賞2連勝中のマイネルチャールズも当然有力馬の1頭。スローペースの前走は前で引っ張る展開になったが、京成杯で見せているように後方から追い込む競馬もできる。自在性のある脚質は、皐月賞本番で強みになる。スマイルジャックは、これまで7戦走って全て3着以内に入っている馬。父タニノギムレットが果たせなかった皐月賞制覇を目指す。タケミカヅチフローテーションのトライアル好走組も有力。後は、アドマイヤコマンドが抽選突破してくるようなら無視できない。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

【皐月賞の展望】トライアルレースを振り返る

先日、牡馬クラシックの第一弾・皐月賞の最終登録が締め切られ、登録馬20頭が出揃った。今日は、これまでの一連のトライアルレースを振り返って、皐月賞を展望する。

今年のメンバーを見ると、実力的にはほとんど横一線。これまでの重賞レースでも、ちょっとした展開の違いや状態の良し悪しで勝ち馬が変わっている。1頭の馬を評価するときは、複数のレースを見て総合的に判断した方が良いと思う。


【弥生賞】 →レース回顧はこちら
1着マイネルチャールズ
前半1000m61秒8のスローペースを2番手からあっさり抜け出して快勝。1走前の京成杯では馬群を割って突き抜けているように、とにかく勝負強い。出遅れるなどのアクシデントがなければ、まず大崩れはしないだろう。唯一の重賞2勝馬で、当然有力候補。

2着ブラックシェル
中団の外。4コーナーから少しずつ進出し、直線追い出すと外から一気に伸びて1着馬を3/4馬身差まで追い詰めた。スローペースの中で外を回った距離のロスを考えると、勝ちに等しい内容だったと思う。パワーと切れ味を兼ね揃えているタイプの馬で中山は合う。太目が響いて7着だったきさらぎ賞以外は崩れていない。主役候補の1頭。

3着タケミカヅチ
道中は4,5番手の内。直線でしぶとく伸びて3着を確保。これまで重賞を6戦走って掲示板を外したのは一度だけという堅実タイプ。

12着フサイチアソート
牡馬にしては小柄な馬で、今の中山の馬場ではパワー不足。ただし、この短期間で一気に良化するようなら面白い存在ではある。まだ見限れない。


【若葉S】
1着ノットアローン
小頭数のレースを逃げ切り勝ち。ただし、共同通信杯とアーリントンカップでトップクラスの馬を相手に惨敗している馬なので強くは推せない。

2着ダンツウィニング
中団。3,4コーナーから長い脚を使って2着。阪神の中距離レースで2走続けて好走。まだ底を見せていない。

レースレベルは微妙だが、昨年ヴィクトリーが出走していたレースでもある。中山の2000mとはコース形態が似ているので、意外と結びつくかもしれない。


【スプリングS】 →レース回顧はこちら
1着スマイルジャック
馬体を絞って2番手から抜け出し。東スポ杯3着、きさらぎ賞2着などの成績を残していて、4着以下に負けたことがない馬。目立たないタイプだが、世代トップクラスの実力を持っている。皐月賞でも有力。

2着フローテーション
近2走は惨敗していたが、横山典騎手の好騎乗もあって2着に入った。デビュー2戦目の萩Sでダンツキッスイに勝ったことがある素質馬。侮れない1頭。

3着ショウナンアルバ
相変わらず頭を上げて行きたがる仕草を見せていた。3,4コーナーで引っ張る形になってキツイ展開だった。気性の問題はどうしようもなさそうなので、騎手の乗り方ががポイントになる。




ランキングに参加しています。
予想の参考になった方はクリックお願いします。

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。