Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天皇賞・春の回顧】3頭、ガチンコ対決を振り返る

天皇賞・春(G1・定量・京都・芝3200m)の結果
1着-(14)アドマイヤジュピタ(岩田) 3人気
2着△ (8)メイショウサムソン(武豊) 2人気
3着◎(13)アサクサキングス(四位) 1人気

 単勝 14 580円
 馬複 8-14 2000円
 馬単 14-8 4430円

3.15.1
ラップ 13.3 - 12.1 - 11.4 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 11.8 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.8 - 11.3 - 11.5 - 12.5
(61.1-61.9-59.6-12.5)

ホクトスルタンが緩みのない一定ペースで逃げたため、底力が問われる厳しい展開になった。


1着アドマイヤジュピタ
出遅れたものの、すぐに馬群の後ろにつけて追走。2周目の4コーナーでメイショウサムソンを目標に動き出すと、直線で一気に抜け出した。ゴール前でサムソンに詰め寄られたけれど、そこからもうひと伸びしたように見えた。今回のレースを含めても、まだキャリア13戦。遅咲きの5歳馬がようやく才能を開花させ、初めてのG1で勝利を挙げた。

かつてアドマイヤジュピタと同じように故障でクラシックを断念しながら、天皇賞で初めてのG1制覇を成し遂げたのがサクラローレル。同じ年に有馬記念を制するなど、古馬のトップホースとして活躍した。アドマイヤジュピタも秋には古馬の王道を歩むだろう。


2着メイショウサムソン
中団より後方を追走。4コーナーからアサクサキングスをマークするように外から進出。直線では、外から来たアドマイヤジュピタに一度は交わされたけれど、ゴール前では再び詰め寄ってアタマ差の2着。久々に闘志が戻って復活。

全盛期に比べると力が衰えているとはいえ、さすがサムソンという競馬だった。スタミナと底力のある馬で、緩急がつくようなペースになると苦しいけれど、今回のレースのように緩みがないレースは強い。


3着アサクサキングス
ホクトスルタンが引っ張る緩みのないペースを先行し、3コーナーの坂の下りから一気にスパート。菊花賞と同じ作戦で、その再現を狙ったが、アドマイヤジュピタとメイショウサムソンの5歳馬2頭に力の違いを見せ付けられ、完敗に終わった。

4番人気の評価で同世代の牡馬と走った菊花賞とは、今回は相手も立場も全く違い、この馬の現在の力を考えると、これが精一杯だろう。直線入り口で少しふらつくあたり、まだ成長しきっていない印象もあるので、これからの成長に期待したい。

---
4着以下の馬は、3頭とは能力差がかなりあるように感じた。G1馬とそれ以外の馬、という決定的な違い。



☆予想の参考になった方はクリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

【天皇賞・春の感想】アドマイヤジュピタ、初G1制覇!

菊花賞馬の4歳・アサクサキングスが1番人気だったが、終わってみればアドマイヤジュピタとメイショウサムソン、5歳馬ワンツーという決着になった。ゴール前2頭の叩き合いは見応えがあり、レース前に思っていたよりも中身のある良い天皇賞になった。

アドマイヤジュピタはスタートで出遅れる不利がありながら、最後の直線ではメイショウサムソンに競り勝つ、強い内容の競馬を見せた。過去5年で阪神大賞典と天皇賞を連勝したのはディープインパクトのみ。ペースも展開も違う両レースを連勝するのだから能力の高さは疑いようがない。このまま、古馬の王道を歩むことになるだろう。

岩田騎手と言えば、2006年のメルボルンカップでは4コーナーを直線と間違えてスパートしたり、昨年のジャパンカップではスタートから引っかかって前に行ってしまったり、と思い通りのレース展開にならなかった時のほうが不思議と結果を残している。今回も出遅れながらの勝利。上手いのか下手なのか、良く分からない騎手だが、今回はメイショウサムソンをきっちりマークした作戦勝ちだろう。

天皇賞・春(G1・定量・京都・芝3200m)の結果
1着-(14)アドマイヤジュピタ(岩田) 3人気
2着△(8)メイショウサムソン(武豊) 2人気
3着◎(13)アサクサキングス(四位) 1人気

 単勝 14 580円
 馬複 8-14 2000円
 馬単 14-8 4430円


---
詳しいレース回顧は後日。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

【天皇賞・春の予想】本命、アサクサキングス

4歳馬が強い天皇賞・春だが、今年はアサクサキングスとホクトスルタンの2頭しか出走していない。5歳世代のメイショウサムソン、ドリームパスポートは近走が不振。3000m級のレースが得意なベテランステイヤーも虎視眈々と狙っている。馬券的にも見応えがある天皇賞になりそうだ。

天皇賞・春(G1・定量・京都・芝3200m)の予想
◎アサクサキングス
○トウカイトリック
▲アドマイヤモナーク
△メイショウサムソン
△アドマイヤフジ



アサクサキングス
昨年の菊花賞馬。今年初戦の大阪杯ではダイワスカーレットの3着に敗れているが、休み明けを一度叩いた上積み&距離延長を考えると、ここでは主役になって当然の馬。簡単にバテるような馬ではないので、強気にスパートすれば上位争いは確実だろう。連の軸として信頼したい。

トウカイトリック
典型的なステイヤー。3000m以上のレースでは、[2-3-3-3]という成績で、掲示板を外したのは1回だけという堅実派。昨年の天皇賞・春でメイショウサムソンのハナ+クビ差の3着に入った実績があり、今回のメンバーでも見劣りはしない。今週は坂路で50秒8の自己ベストをマークし、6歳にして過去最高のデキ。

アドマイヤモナーク
スタミナと瞬発力は非凡なものがある。前がやり合うような展開になれば、ゴール前で突っ込んでくる場面もあるだろう。京都の長距離ではアンカツに注目。

メイショウサムソン
前走の大阪杯は、原因不明の敗退だった。天皇賞3連覇を達成するかどうかは、馬自身の気持ちの問題になるだろう。今の時点では何とも言えないが、パドックで気合が乗っているようなら復活はある。ただし、ベストの距離は2000m~2400mなので、これぐらいの印が妥当。

アドマイヤフジ
前走の阪神大賞典では6着に敗れているが、母がステイヤーズS2着馬という血統的背景があり、1度の敗退で長距離適性を決めつけるのはまだ早い。得意の京都なら2着はある。


ドリームパスポートは、松岡騎手の乗り方しだいだが、怖い1頭。ポップロックは、詰めの甘さをジョッキーがどうカバーするか。ベストの距離は2400m前後だろう。阪神大賞典を勝ったアドマイヤジュピタは、連勝でG1を勝つほど実力が抜けているかどうか。父子4代の天皇賞制覇を狙うホクトスルタンは、一線級を相手にどこまでやれるか。アドマイヤメインは、菊花賞3着以来の京都になる。鞍上が昨年2着の福永騎手なので、マイペースの逃げなら怖い1頭。

有力馬の見解はこちら →  



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

【天皇賞・春の展望3】続・有力馬について考える

過去10年の連対馬20頭中18頭が4~5歳馬となっている。近年の競馬界は、高齢になってから活躍する馬も多いが、長距離G1の天皇賞だけは例外のようだ。6歳以上で連対した馬は、2005年2着のビッグゴールド(7歳)、2006年2着のリンカーン(6歳)の2頭。6歳以上の馬でも2着までなら十分可能性はあると考えたい。

昨日に引き続き、有力馬の見解を述べる。

ポップロックは、古馬の中でもトップクラスの実力を持ちながら未だにG1勝ちがない。前走の阪神大賞典では直線の反応が鈍く、休み明けの影響を感じさせた。休み明けを一度叩いて良くなりそうだが、長距離はあまり得意ではないようにも思う。今回は展開に恵まれないと苦しいだろう。新コンビを組む内田博騎手が京都コースをどう乗りこなすかもポイントになる。

アドマイヤジュピタは、阪神大賞典で斤量58キロを背負いながら重賞2勝目を挙げた。急激に力をつけている上がり馬がG1でどの程度通用するのか楽しみ。前走は馬体重マイナス10キロまで絞れていたが、その時の状態を維持できるかがポイントになる。

アドマイヤモナークは、3年連続の天皇賞・春出走(14着、9着)となる。今年になって重賞を2連勝し、日経賞でもマツリダゴッホの3着という実績を残しているので、当時よりも力をつけているのは間違いない。開幕週の京都の馬場で後方からどのくらい追い込めるか微妙なところ。

アイポッパーは4年連続の天皇賞・春出走(3着、4着、4着)となる。3000m級のレースではほとんど凡走したことのない馬で、8歳馬とはいえ侮れない。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

【天皇賞・春の展望2】有力馬について考える

5月4日に京都競馬場で行われる天皇賞・春。今年から国際交流競走の充実を図るためとして、セン馬の出走が可能になり、前年のメルボルンカップ優勝馬が招待されることになった。今年はドリームパートナーがセン馬として1頭だけ出走登録している。2007年のメルボルンカップ優勝馬エフィシェント(Efficient)は出走辞退となった。

今日は、有力馬についての見解を述べたいと思う。

アサクサキングスは昨年の菊花賞馬。過去10年で前年の菊花賞馬は、ヒシミラクルやディープインパクトなどの勝利を含めて[3-2-0-2]という好成績を残している。前走の産経大阪杯では斤量59キロを背負って3着に敗れているが、2000mという距離と今年初戦のレースだったことを考えると悪くない結果だった。京都の下り坂でロングスパートを仕掛けてもバテないスタミナを持っている馬で、今回も強気に攻めるレースを見せると思うけど、まず大崩れはしないだろう。

メイショウサムソンは、アサクサキングスと同じく今年初戦のレースに産経大阪杯を選んだ。昨年の有馬記念で8着に敗れて以来のレースで復活を期待されたが、直線見せ場もなく6着に敗れている。ちょっと以前に比べて迫力がなくなっている印象で、昨年の秋からのローテーションの狂いが精神的にも肉体的にも悪い影響を与えているように思える。2001年には、同じように産経大阪杯で4着に敗れたテイエムオペラオーが、本番の天皇賞であっさり巻き返して、天皇賞3連覇を達成した。メイショウサムソンは果たしてどうなるのか。精神的な部分は走ってみないと分からないだけに難しい。

ドリームパスポートは、一昨年の菊花賞2着馬。G1勝ちこそないが、クラシック路線でメイショウサムソンと好勝負を演じているように、実力は世代トップクラスの存在だ。今年1月に転厩して以来、3回走って勝ち星はないけれど、いずれも勝ち馬とは僅差の内容だった。今、勢いのあるフジキセキ産駒でもあり、人気を落とすようなら狙って見る手はある。京都の馬場が速い時計の出る状態なら面白い。

---
続きは後日。



にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

【天皇賞・春の展望】19頭が登録

先日、JRAから天皇賞(春)の登録馬が発表された。登録馬は19頭(フルゲート18頭)で、外国馬の登録はなかった。

春の天皇賞と言えば、かつては現役最強馬を決める一戦という位置づけだったが、近年は単なる“長距離G1”になってしまった。中距離路線の馬も出走できる宝塚記念の方が、より良いメンバーになるというのが実状。強い馬が実力どおりに力を発揮する長距離レースは、見応えがあって面白いのでもっと盛り上がってほしいと思う。

今年のメンバーでは、昨年の菊花賞馬アサクサキングス、天皇賞3連覇を目指すメイショウサムソン、前哨戦の阪神大賞典を勝ったアドマイヤジュピタあたりが人気になりそう。勝ち切れないレースが続いているドリームパスポートもまだ見限れない。悲願のG1制覇を狙うポップロックにも注目したい。ホクトスルタンが勝てば、父子4代天皇賞制覇の大偉業が達成される。アドマイヤモナークアイポッパートウカイトリックなど、長距離重賞で実績を残している伏兵も多いので、馬券的にも楽しみな一戦になりそうだ。

---
天皇賞・春(京都・芝3200m)の登録馬

アイポッパー(牡8、栗東・清水出美)
アサクサキングス(牡4、栗東・大久保龍志)
アドマイヤジュピタ(牡5、栗東・友道康夫)
アドマイヤフジ(牡6、栗東・橋田満)
アドマイヤメイン(牡5、栗東・橋田満)
アドマイヤモナーク(牡7、栗東・松田博資)
ココナッツパンチ(牡4、美浦・大久保洋吉)
コスモバルク(牡7、北海道・田部和則)
サンバレンティン(牡7、栗東・佐々木晶三)
シルクネクサス(牡6、栗東・岡田稲男)
トウカイエリート(牡8、栗東・野中賢二)
トウカイトリック(牡6、栗東・野中賢二)
トウショウナイト(牡7、美浦・保田一隆)
ドリームパートナー(セン8、美浦・大久保洋吉)
ドリームパスポート(牡5、美浦・稲葉隆一)
フォルテベリーニ(牡6、栗東・加用正)
ホクトスルタン(牡4、栗東・庄野靖志)
ポップロック(牡7、栗東・角居勝彦)
メイショウサムソン(牡5、栗東・高橋成忠)




にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。