Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本ダービーの回顧】

日本ダービー(Jpn1・定量・東京・芝2400m)
1着◎(1)ディープスカイ(四位) 1人気
2着-(7)スマイルジャック(小牧) 12人気
3着△(3)ブラックシェル(武豊) 6人気

 単勝 1 360円
 馬複 1-7 13270円
 馬単 1-7 17560円

2.26.7
ラップ 12.5 - 10.6 - 12.4 - 12.9 - 12.4 - 12.8 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.2 - 12.4
(35.5-38.1-36.7-36.4)

良馬場まで回復したとはいえ、前日までの雨で馬場状態は悪化。瞬発力だけの馬には辛い展開で、東京の2400mらしいタフな底力が問われるレースになった。

1着ディープスカイ
好スタートから中団に控える形。直線で外へ持ち出すと、一気に末脚を爆発させて他の馬をゴボウ抜き。内の馬が激しい持久力争いを繰り広げる中、大外から上がり3ハロン34秒2の豪脚を披露し、1頭だけ次元の違う強さだった。ギリギリまで脚をためて最後の爆発力につなげた四位騎手の騎乗も見事だった。度胸あるわ~。

アグネスタキオン産駒はダービー初制覇。クロフネ産駒のブラックシェルが3着。先週は、ジャングルポケット産駒のトールポピーがオークス制覇。2001年のクラシックを沸かせた馬の産駒が大活躍している。

2着スマイルジャック
前走の皐月賞では折り合いを欠いて9着に敗れていたが、今回は3,4番手できっちり折り合った。直線半ばで早めに抜け出して、バテない強さを発揮した。最後は1着馬の決め手に敗れてしまったが、この馬なりによく走っている。父タニノギムレットと同様に、広々とした東京競馬場は合っている。

3着ブラックシェル
1コーナーで挟まれる不利もあって、少し折り合いを欠いてしまった。直線はジリジリとしか伸びず、激戦の3着争いを制するのがやっとだった。

4着マイネルチャールズ
道中は中団。直線よく伸びているが、前の馬を差し切るほどの勢いはなかった。皐月賞一番人気の意地は示したが、東京の2400mを乗り切るだけのスケール感や底力では劣っていた。

7着アドマイヤコマンド
道中は中団につけていたが、直線伸びきれず7着。キャリア3戦だったことを考えると健闘したと言えるだろう。瞬発力が持ち味の馬だけに、持続力勝負の展開は辛かった。

11着タケミカヅチ
中団。直線外に出したが伸び切れず。スタミナ切れだろうか?もっと短い距離の方が良さそうな印象だった。



☆どれでもいいんで、ワンクリックしてもらえると助かります。
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

【日本ダービーの感想】ディープスカイ、世代の頂点へ

1枠1番から好スタートを決めたディープスカイ。そこから1コーナーまでの間、四位騎手は意識的に抑えて、中団に控える作戦を選んだ。道中のディープスカイは、四肢を大きく伸ばして気持ち良さそうに走っているように見えた。4コーナーから直線では、外に持ち出すのに手間取って、先頭集団からかなり離れた位置に下がってしまったが、そこから先が圧巻の内容。ゴールでは、きっちり1馬身半の差をつけていた。よくあの位置から届いたものだ。これは強い!

混戦、混戦と言われた今年の3歳クラシックだったけど、春の大一番、最後の舞台で、ようやくメンバーがきっちり揃って良いレースになった。ダービーの威厳は十分すぎるほどに保たれたと思う。

日本ダービー(Jpn1・定量・東京・芝2400m)
1着◎(1)ディープスカイ(四位) 1人気
2着-(7)スマイルジャック(小牧) 12人気
3着△(3)ブラックシェル(武豊) 6人気


詳しい回顧は後日。



☆どれでもいいんで、ワンクリックしてもらえると助かります。
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【日本ダービーの予想】本命はディープスカイ!

日本ダービー(Jpn1・定量・東京・芝2400m)の予想
◎ディープスカイ
○タケミカヅチ
▲マイネルチャールズ
△ブラックシェル
△フローテーション


ディープスカイ
前走は、NHKマイルカップを圧勝。インコースの最短距離を上手く回れたという面はあったものの、ゴール前で2着のブラックシェルをさらに突き放したところに、この馬の底力を感じた。距離は全く問題ないだろうし、状態が大きく落ちているようにも見えない。この馬がダービー馬のイメージに一番近い。

タケミカヅチ
皐月賞2着馬。内をすくった形にはなったが、大接戦の2着争いを制したという事実を重視したい。現実に3着以下の馬は、この馬を捕らえ切れなかったのである。皐月賞組の中で一番の存在であることは確かだ。馬場の回復具合にもよるだろうけど、デイリー杯の時に使った33秒6の脚が再現できれば面白い。

マイネルチャールズ
弥生賞1着、皐月賞3着。中山競馬場のイメージが強い馬だが、未勝利を勝ったのは東京の1800mだった。世代トップクラスの実力馬、皐月賞一番人気の馬は侮れない。

ブラックシェル
2400mの距離がどうか。父クロフネ自身はダービーで5着に入っている。得意ではないけど、こなせないこともない。外からまくって2着に入った弥生賞の内容を見ると、この馬も世代トップクラスの馬だ。武豊騎手の乗り方しだい。

フローテーション
11着に敗れた皐月賞は、レース後に挫石が判明した。馬場が回復してくれれば、一発があってもおかしくない実力馬だ。血統的にはダービーが似合う。


その他、注目馬は多い。スプリングS1着のスマイルジャックは、巻き返しの可能性十分。アドマイヤコマンドは一線級との初対戦になるが、素質は高い。レインボーペガサスはアンカツ騎手が不気味。サクセスブロッケンは、ダート馬ではなく、芝でこそ本領を発揮する馬でしょう!人気がない馬では、アグネススターチの逃げ切りに要注意。外枠の馬では、ショウナンアルバに注目。蛯名騎手がどう乗ってくるか。




☆どれでもいいんで、ワンクリックしてもらえると助かります。
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【日本ダービーの展望3】ダービー前日に思うこと

明日は、競馬の祭典・日本ダービーが行われる。土曜日の関東地方は、朝から小雨が降り続き、東京競馬場の芝は不良馬場まで悪化。夕方になってようやく雨は止み、明日の天気予報は晴れ。馬場状態は急速に回復するだろう。

ダービーは春競馬のクライマックスであり、クラシック最大の山場である。当然、関係者にとっては晴れの舞台。出走するだけで名誉なこと。だけど、ボクにとってダービーとは寂しさや儚さを感じるレースでもある。華やかであればあるほど、楽しければ楽しいほど、それが終わったときの悲しみは大きい。

有馬記念なら、戦いは次の年の天皇賞や宝塚記念に続く。ダービーは、秋に菊花賞があるとはいえ、3歳牡馬クラシックレースの大きな区切りになる。秋になって古馬との対戦に挑む馬や、短距離路線に進む馬もいるだろう。こうして同世代のトップクラスの馬が揃って頂点を目指すというのは最後になる。

また、サニーブライアンやタニノギムレットなど、ダービーの勝利を最後に引退した馬も多い。過去10年でダービーを勝った後も活躍したと言い切れるのは、スペシャルウィーク、ジャングルポケット、ディープインパクト、メイショウサムソンの4頭ぐらいだろう。ダービーとは、それぐらい厳しい舞台。限界まで仕上げないと勝てないレースでもあり、それだけに勝った時の代償は大きい。

今は、とにかく全ての馬が悔いのないよう力の出し切れるレースを望む。馬場状態とか関係なく、記憶に残るダービーになれば、それで良いと思う。

ダービーの予想は明日。

お楽しみに!




☆どれでもいいんで、ワンクリックしてもらえると助かります。
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【日本ダービーの展望2】ステップレースから考える

過去10年で皐月賞からの直行組は10連対、皐月賞以外の組も10連対で、両者は全くの互角。今日は、皐月賞組と、それ以外の組について前走着順から傾向を探る。

---
皐月賞からの直行組では、連対馬10頭のうち4頭が皐月賞1着馬だった。その他では、皐月賞2着馬が1頭連対、皐月賞3着馬が3頭連対、6着馬が2頭連対、となっている。

今年の登録馬で皐月賞6着以内から直行の馬は、以下の3頭。
 タケミカヅチ(皐月賞2着)
 マイネルチャールズ(皐月賞3着)
 レインボーペガサス(皐月賞4着)


---
皐月賞以外の組は、NHKマイルCが3頭、京都新聞杯が3頭、青葉賞が3頭、桜花賞が1頭となっている。青葉賞と京都新聞杯をステップにした6頭は、全てステップレースを勝ってダービー連対。NHKマイルCをステップに連対した3頭は、それぞれ3着、1着、11着からダービーで連対を果たしている。

つまり、皐月賞以外のレースをステップにしていた馬は、G1以外なら重賞1着が最低条件、G1なら3着以内には入っていたい。

今年の登録馬で該当する馬は、以下の4頭。
 アドマイヤコマンド(青葉賞1着)
 ディープスカイ(NHKマイルカップ1着)
 ブラックシェル(NHKマイルカップ2着)
 メイショウクオリア(京都新聞杯1着)



次回は有力馬の見解について述べる。



☆どれでもいいんで、ワンクリックしてもらえると助かります。
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【日本ダービーの展望1】26頭が登録

6月1日に行われる日本ダービー(東京優駿)の登録馬26頭がJRAから発表された。皐月賞馬・キャプテントゥーレの離脱で混戦ダービーが予想されているが、1番人気馬が過去10年で[7-2-0-1]という圧倒的な成績を残している堅いレースでもある。この理由は、皐月賞でガチンコ対決を一度経験して日本ダービーが行われる時期には各馬の力関係が明確になっていることが多いからだろう。今年のメンバーでは、どの馬が1番人気になるのか?そこがまずポイントになる。

NHKマイルカップで豪脚を披露したディープスカイが人気になりそう。過去10年でNHKマイルカップを使ってダービーを勝ったのは、タニノギムレットとキングカメハメハの2頭だけ。1600mから2400mへの距離延長がポイントになる。

皐月賞組では、2~4着馬のタケミカヅチマイネルチャールズレインボーペガサスが人気になるだろう。タケミカヅチは東京でも好走経験があるので期待できそう。マイネルチャールズは中山芝2000mを続けて使っている馬。底力が問われる東京の長い直線を伸び切れるかどうか。レインボーペガサスはしぶとい脚を使える馬なので東京は合いそう。

---
日本ダービーの登録馬26頭(フルゲート18頭)

アグネススターチ(牡3、栗東・大根田裕之)
アドマイヤコマンド(牡3、栗東・橋田満)
アルカザン(牡3、栗東・昆貢)
ウイントリガー(牡3、栗東・山内研二)
エーシンフォワード(牡3、栗東・西園正都)
オリエンタルロック(牡3、栗東・田所秀孝)
クリスタルウイング(牡3、美浦・藤沢和雄)
サクセスブロッケン(牡3、栗東・藤原英昭)
サブジェクト(牡3、栗東・池江泰郎)
ショウナンアルバ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇)
スマイルジャック(牡3、美浦・小桧山悟)
ダイワワイルドボア(牡3、美浦・上原博之)
タケミカヅチ(牡3、美浦・大江原哲)
ディープスカイ(牡3、栗東・昆貢)
ノットアローン(牡3、栗東・橋口弘次郎)
ファビラスボーイ(牡3、美浦・堀井雅広)
フサイチアソート(牡3、美浦・岩戸孝樹)
ブラックシェル(牡3、栗東・松田国英)
フローテーション(牡3、栗東・橋口弘次郎)
ベンチャーナイン(牡3、美浦・小桧山悟)
マイネルチャールズ(牡3、美浦・稲葉隆一)
メイショウクオリア(牡3、栗東・西橋豊治)
モンテクリスエス(牡3、栗東・松田国英)
レインボーペガサス(牡3、栗東・鮫島一歩)
レッツゴーキリシマ(牡3、栗東・梅田康雄)
ロードアリエス(牡3、栗東・藤原英昭)

↓↓過去の記事もよろしくです!
【皐月賞の回顧】作戦ミス?マイネルチャールズ惨敗
【青葉賞の回顧】アドマイヤコマンド、ダービーへ好発進!
【NHKマイルCの回顧】 雨のち曇り、そしてディープスカイ。。。



☆どれでもいいんで、ワンクリックしてもらえると助かります。
にほんブログ村 競馬ブログ
にほんブログ村 中央競馬
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。