Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【オールカマーの回顧】マツリダゴッホ完勝!

キングストレイルが逃げて作った前半1000mは61秒8のスローペースでしたが、3コーナーからゴーウィズウィンドシャドウゲイトが積極的に動いたことでレースの後半は激流になりました。勝ちタイム2分12秒0は過去10年の最速タイムに並びましたが、それよりも驚異的なのがゴールまで5ハロンのタイム。全て11秒台で、何と57秒8でした。

勝ったマツリダゴッホは、いつものように掛かり気味のまま先行2番手。シャドウゲイトが先頭に立つなど出入りの激しい場面でも慌てず騒がず大人の対応を見せました。しっかり脚をためて手応え抜群のまま4コーナーを回ると、直線でも余裕たっぷりのまま先頭に立ち、軽く2馬身の差をつける楽勝でした。これでオールカマー連覇達成。昨年のオールカマー当時より強くなっているのはもちろんのこと、その後の有馬記念、日経賞の勝利と比べても、また一段とパワーアップした感があります。どこまで強くなるのか分からない馬です。今の状態なら東京の芝2400m(次走ジャパンカップ予定)でも通用しそうな気がしてきました。

2着のキングストレイルは横山典騎手が上手くスローに落として逃げました。2200mを6ハロンのレースにしてしまうとはさすがですね。

3着はトウショウシロッコ。道中は中団。直線でよく追い込んできましたが、前の2頭とは差が開きすぎていました。一瞬の脚を生かすには中途半端には動けませんし、どうしようもない展開でした。今回は1,2着の馬が強すぎたというべきでしょう。

4着はマイネルキッツ。この馬も現時点の力は出し切っていたと思います。

5着のエアシェイディは本来の力を出し切れなかったのではないでしょうか。7歳馬でありながら、まだレース前の緊張が抜けないところがあるようです。休み明けを一度使うと、また変わってきそうな気もしますね。

オールカマー(G2・別定・中山・芝2200m)
1着◎(11)マツリダゴッホ(蛯名) 1人気
2着-(10)キングストレイル(横山典) 6人気
3着△(4)トウショウシロッコ(吉田豊) 8人気

 単勝 11 140円
 馬複 10-11 980円
 馬単 11-10 1320円

2.12.0
ラップ 12.3 - 11.8 - 13.0 - 12.4 - 12.3 - 12.4 - 11.6 - 11.4 - 11.2 - 11.8 - 11.8
(49.5-47.7-34.8)




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

【オールカマーの予想】◎マツリダゴッホ

昨年の有馬記念など中山競馬場で6勝を挙げているマツリダゴッホが中心。減っていた馬体も回復しているようなので、ここはきっちり勝ってもらいたいと思います。エアシェイディも中山巧者。G2の別定戦なら堅実に走りそうなタイプです。長期休養明けから3戦目のアドマイヤタイトル。天皇賞(春)7着などの実績もあり、ここで好走しても不思議ないと思います。トウショウシロッコは前走の新潟記念で3着。抜け出す時の一瞬の脚が速かったので、直線の短い中山の方が良いかもしれません。久々のシャドウゲイトは距離が長いような気もしますが、前残りを警戒しておきたいと思います。

オールカマー(G2・別定・中山・芝2200m)の予想
◎マツリダゴッホ
○エアシェイディ
▲アドマイヤタイトル
△トウショウシロッコ
△シャドウゲイト




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【オールカマーの展望】中山芝二千二百を考える

中山の芝外回り2200mコースで行われるオールカマー。元々は、サラブレットでもアラブでも競走馬の種類に関係なく出走できるレースをオールカマーと呼んでいたそうです。

中山の2200mなので、やはり切れ味よりもスタミナが問われるレースになりそうですね。外回りコースは向こう正面から直線にかけて下り坂が続きます。人間が走っても同じですが、下り坂で一度ペースを上げるとなかなか減速しづらいものです。しかも最後の直線には坂が待ち受けています。つまり、向こう正面から加速し続けながら長い脚を使って、さらに最後の坂でバテないスタミナが必要になるのです。

また、追い込み馬にとっては、向こう正面から加速を強いられることによって、直線で爆発させる脚を十分にためることができなくなります。もちろん単純に直線が短いこともありますが、好位につけられる馬が有利と言えるでしょう。

今年の出走馬ではグランプリホースのマツリダゴッホが当然有力になります。トウショウシロッコは3歳のときに京成杯とセントライト記念で2着に入っている中山巧者。アドマイヤタイトルも中山に実績があります。キングストレイルも中山得意ですが、久々の中距離がどう影響するか。マイネルキッツはちょっとタイプが違うような気がしています。

いずれにしても、過去10年の連対馬20頭中18頭が1~4番人気の馬となっている堅いレース。人気馬の中からどの馬をピックアップするか考えていきたいと思います。

---

予想記事はレース前日の夕方以降の公開を予定しています。




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。