Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【京都大賞典の回顧】最内強襲、トーホウアラン!

勝ったのはダンスインザダーク産駒のトーホウアラン。京都の外回りは内が空きますよね。ダンスインザダークが勝った菊花賞も最内強襲でした。開幕週ということもあって、迷いなく内に突っ込んだ鮫島騎手の作戦勝ちですね。

2着のアドマイヤモナークは、大外からゴール前伸びてきましたがあと一歩届かず。アルナスラインを相手と見て3コーナーで外から馬体を併せに行きましたが、結果的には内に突っ込むべきでした。負けたのはコース取りの差だと思います。

3着アイポッパーは、終始インコースを回って早め抜け出しを狙う競馬。8歳馬ながらまだまだ健在です。

1番人気のアルナスラインは5着。今回は後方からの競馬。ロングスパートが身上の馬だけに3,4コーナーで身動きが取れないのは痛かった。直線も外に持ち出すロス。力負けではないので全く悲観する必要はないでしょう。堂々と次のレースへ向かってほしいと思います。

2番人気で9着に敗れたアドマイヤジュピタは馬体重マイナス14キロ。パドックで確認できなかったので何とも言えませんが、状態に問題があったことは確かでしょうね。休み明けだから、という問題ではなく、明らかに調整失敗だったと思います。この後はいったん立て直してジャパンカップでしょうか。

3番人気のポップロックは衰えたか。4コーナーでは見せ場がありましたが、直線では全く伸びず7着。

京都大賞典(G2・別定・京都・芝2400m)
1着▲(5)トーホウアラン(鮫島) 4人気
2着△(9)アドマイヤモナーク(安藤勝) 6人気
3着-(3)アイポッパー(上村) 7人気

 単勝 5 910円
 馬複 5-9 5830円
 馬単 5-9 11450円

2.26.9
ラップ 12.9 - 10.7 - 11.7 - 13.2 - 13.3 - 13.1 - 12.8 - 12.6 - 12.1 - 11.5 - 11.4 - 11.6
(35.3-39.6-37.5-34.5)




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

アドマイヤ軍団、策に溺れる。

3コーナーでアドマイヤモナークは、内の1番人気アルナスラインにフタをするポジションへ移動しました。まさか同じオーナーのアドマイヤジュピタを援護するつもりかと一瞬思いましたが、肝心のジュピタが調整失敗では伸びてくるわけはありません。結果外に回った馬たちは、内の経済コースを通ったトーホウアランに出し抜かれてしまいました。策士、策に溺れるとはこういうことを言うのでしょう。

トーホウアランは距離延長で血が騒いだのでしょうか。父ダンスインザダークの菊花賞を彷彿とさせるようなインコース強襲でした。



☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【京都大賞典の予想】

アドマイヤジュピタは、これまで芝のレースを12戦走って[7-2-2-1]という成績です。唯一馬券圏外となった今年の日経新春杯は重め残りが敗因。それ以外はほとんどパーフェクトな成績と言えます。調教の動きが悪くても、そう簡単に崩れることはないと思っています。斤量59キロは他の馬と比べて厳しいですが、この馬は世間が評価するよりもずっと強い馬だと思っています。

アルナスラインは重賞ウイナーではありませんが、菊花賞2着の実力馬。今年の4月には休み明けのメトロポリタンSを圧勝しています。パンパンの良馬場は向いていると思います。

トーホウアランは京都が得意。前走の内容からも力をつけていると思います。今回、唯一にして最大の不安は鞍上です。あとはアドマイヤモナークが要注意。一応実績でポップロックも押えておきたいと思います。アイポッパーは3000m級の重賞しか勝っていませんが、京都ならこれぐらいの距離でもこなせるでしょう。マンハッタンスカイは距離的に微妙でも四位騎手に期待。

京都大賞典(G2・別定・京都・芝2400m)の予想
◎アドマイヤジュピタ
○アルナスライン
▲トーホウアラン
△アドマイヤモナーク
△ポップロック




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【京都大賞典の展望】

東の毎日王冠と同じく、西の京都大賞典も秋のG1を狙う強力な古馬陣の始動戦となるレース。休み明けの馬が圧倒的に強いレースです。京都2400mのコース条件を考えても紛れが生じる可能性は少ないでしょう。しかも今年は10頭立てなので、コース取りの差もほとんどなし。直線の瞬発力勝負ですね。

阪神大賞典と天皇賞のレース内容を見ると、アドマイヤジュピタを中心に考えざるを得ないと思います。唯一心配なのが仕上がり状態ですかね。挫石によって凱旋門賞挑戦を断念した経緯があります。でも、ローテーションの変更はかなり前に決定していたことなのでほとんど影響はないかもしれません。

その他はG1を勝っていない馬ばかり。あえて挙げるなら京都が得意なトーホウアランでしょうか。ポップロックアイポッパーあたりは古豪という感じで以前の力をどこまで発揮できるか。菊花賞2着のアルナスライン、日経新春杯勝ちのアドマイヤモナークの2頭も京都巧者。マンハッタンスカイは切れないタイプだけに今回のコースでは苦しいか。

東西のレースとも春の活躍馬が順当に勝ち上がることになれば、秋のG1レースが楽しみになりそうですね。毎日王冠に出走するウオッカと、京都大賞典に出走するアドマイヤジュピタの共通点は共に春のG1を勝って宝塚記念を回避しているという点にあります。休んでいた分だけ消耗度は少ないのでは?と思っています。

---

予想記事はレース前日の夕方以降の公開を予定しています。



☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。