Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【府中牝馬ステークスの回顧】

馬場状態が良いということもあって、レース上がり34秒0の瞬発力勝負となりました。結果、短距離馬が持つ瞬発力・スピード能力の生きるレースになったと言えます。レース内容から考えると、本番のエリザベス女王杯へ直接結びつくようなレースではないと思います。

レースは道中後方に待機していたブルーメンブラットが3,4コーナーから徐々に押し上げ、直線で一気に突き抜けました。前半ゆっくり行って、後半を短距離勝負の形に持ち込んだことが勝因でしょう。1400m~1600mぐらいの距離で生きるスピードの持続力をフルに発揮しました。意外なことに、これが重賞初勝利。

2着のカワカミプリンセスはスタート直後から自ら動いて力勝負に持ち込む作戦。ただし、中盤でかなりラップタイムが緩んだ部分があって最後は瞬発力の勝負になってしまいました。ゴール前の切れ味勝負に敗れたとはいえ、さすがG1馬という内容の競馬でした。京都の2200mでスタミナが問われるような展開になれば、かなり期待できるタイプの馬だと思います。

ベッラレイアは中団の位置取りから直線だけ突き抜けて3着。スピードの持続力を問われるようなレースに強いところからみて、意外と短距離の方が得意かもしれません。

2番人気のキストゥヘヴンは5着。前走よりは少し前目の位置取り、中団ぐらいでした。ちょっと道中で脚を使いすぎた分だけ、直線で末脚を爆発させられなかったように見えました。

5番人気のヤマニンメルベイユは14着。同じ1800mでも前走とは全く違うレース展開。こういう瞬発力勝負は明らかに得意ではないでしょう。勝ちタイムも速すぎました。

府中牝馬ステークス(G3・別定・東京・芝1800m)
1着▲(16)ブルーメンブラット(吉田豊) 4人気
2着◎(7)カワカミプリンセス(横山典) 1人気
3着-(2)ベッラレイア(秋山) 3人気

 単勝 16 800円
 馬複 7-16 1050円
 馬単 16-7 2970円

1.45.5
ラップ 12.6 - 10.8 - 11.4 - 12.3 - 12.1 - 12.3 - 11.3 - 11.2 - 11.5
(34.8-36.7-34.0)




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

【府中牝馬ステークスの予想】女王復活の秋なるか

11ヶ月ぶりのレースとなった金鯱賞で少し引っかかっていたカワカミプリンセス。後のグランプリホースを相手に見せ場十分の3着でした。牝馬同士の今回は復活の可能性が高いと思います。

相手筆頭は、休み明けの前走で久々の勝利を挙げたキストゥヘヴン。東京で勝ち星はありませんが、春に京王杯スプリングカップ2着があります。もう1頭は休み明けのブルーメンブラット。ヴィクトリアマイルで3着の実績。休み明けの分だけ評価を下げましたが、いつ重賞を勝ってもおかしくない馬だと思います。

あとは東京向きの脚を使える2頭、ヤマニンエマイユローブデコルテに期待。その他ではベッラレイアの末脚にも注目。久々のアサヒライジングはどこまで走れるか。重賞連勝を狙うヤマニンメルベイユも要注意。

府中牝馬ステークス(G3・別定・東京・芝1800m)の予想
◎カワカミプリンセス
○キストゥヘヴン
▲ブルーメンブラット
△ヤマニンエマイユ
△ローブデコルテ




☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

【府中牝馬ステークスの展望】

過去10年で1番人気の馬は[5-2-2-1]という好成績です。G1エリザベス女王杯の前哨戦であり、しかも府中1800mで行われるだけあって堅い決着となることが多いと言えます。もう1つの傾向として、夏に使っていた馬が好走することが多くなっています。具体的には前走で札幌のクイーンSや新潟、小倉の重賞を走った馬。さらに先行して切れる脚を持っている心身ともに充実した4,5歳の馬が中心になる傾向があります。

今年の出走予定馬を見ると、休み明けの馬が多い。なかでもブルーメンブラットは有力馬の1頭。3着に入ったヴィクトリアマイルではすごい瞬発力を発揮していました。レース展開にもよると思いますが、この馬のスピードが生きる流れになれば重賞勝ちのチャンスだと思います。ニシノマナムスメもヴィクトリアマイル以来のレースになります。牝馬同士でベストの1800mなら重賞勝ちのチャンス。

桜花賞馬のキストゥヘヴンは、今年になって輝きを取り戻しています。府中は未勝利ですが、京王杯スプリングカップの2着があります。今回最も良い状態で出走できる馬だと思います。しかも鞍上の藤田騎手にとって、東京の1800mは得意とする舞台。

オークスと秋華賞を勝っているカワカミプリンセスは復活を狙います。春は金鯱賞の3着で復帰しましたが、宝塚記念は筋肉痛で回避。年齢的に考えて今年の秋は最後のチャンスになるかもしれません。11ヶ月ぶりのアサヒライジングは、最も得意とする1800mでどんなレースを見せるか。ベッラレイアの復調にも期待。

6歳のヤマニンメルベイユは広い東京コースでどこまで通用するか。



☆応援クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
FC2 Blog Ranking

«  | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今週の重賞

 

 

最近の記事

2008年重賞メニュー=カテゴリー

 

 

FC2カウンター

 

 

人気ブログをチェック!

 

FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

 

フリーエリア

 

  

 

月別アーカイブ

リンク

プロフィール

 

つよし

名前:つよし
年齢:27歳
性別:男

ブログを通じて競馬予想の楽しさ、奥の深さを伝えられたらと思います。予想には血統でもパドックでも何でも取り入れますが、一番重視しているのはレース分析です。当ブログはリンクフリーです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。